いよいよ今日! あの浦沢直樹先生自身がフィーチャーされるNHKの漫勉は午後10時から。ということで今日紹介するマンガはステルスマンガ家を描いた『ちゃんと描いてますからっ!』 中学生の娘が、マンガ家の父親の代わりにマンガを描くという異色ストーリー。

増田 桂己2016年10月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ家の生きざまがわかる名番組、漫勉( http://www.nhk.or.jp/manben/ )。

NHKサイトをキャプチャさせていただきました

YAWARA!や20世紀少年、マスターキートンなど名作を数々残し、いまだ第一線で活躍されている浦沢直樹先生がコーディネーターを務めるNHKで不定期に放送されている番組であります。

マンガ家のマンガの書き方を定点カメラで撮影し、それを元に対談を進めていく形式で、これまでにシーズン0~3まで放送されています。

登場したマンガ家さんは多数、池上遼一先生や東村アキコ先生、藤田和日郎先生、さいとうたかを先生やかわぐちかいじ先生など、錚々たるゲストが登場することが話題です。

そしていよいよ本日夜、浦沢直樹先生自身にフィーチャー! これまではコーディネーター側だった浦沢先生自身に迫るということで、わくわくが止まらない次第でございます。

漫勉はさておき、今日のレビューはこちら

おっと、興奮しすぎて冒頭が長くなってしまいましたが、ここはマンガHONZ。自分のポジションとしてはマンガのレビューが責務であります。

というわけで、本日は漫勉放送日! というご縁もありますので『マンガ家を描いたマンガ』を取り上げたいと思います。

『ちゃんと描いてますからっ!(著:星里もちる)』

今日ご紹介するのは、徳間書店さんから刊行されている『ちゃんと描いてますからっ!(著:星里もちる)』です。

マンガ家を描いたマンガの中でも異色のステルス漫画家

マンガ家を描いたマンガといえば、映画化もされた『バクマン。』や『かくかくしかじか』などが有名ですが、こちらの『ちゃんと描いてますからっ!』は、マンガ家の娘が父親の代わりにマンガを描くという異色ストーリー。

姉妹で協力してマンガを仕上げる

『ちゃんと描いてますからっ!』というタイトルの通り、バレるんじゃないかと不安な気持ちでいっぱいな中学生の女の子:歩未がステルスマンガ家としてマンガを描いていく主人公です。

ネームまでは編集者と打ち合わせをして、そのあとふらっとどこかへ行ってしまう父親。家庭と家計を気遣って、妹と知人を駆使して締め切りまでにマンガを作り上げる歩未はそこら辺の中学生の忙しさの比ではありません。

しかも好きな先輩男子は、父親(自分)のマンガのファンで、実際に書いているところを見せてほしい! と無茶なお願いをされたり…となかなかほのぼのしつつもいくつもピンチを切り抜けていく歩未を描いたストーリーになっています。

親子物語でもあり、ほろっとするシーンも

あのバカおやじ!とは、その通りである

口癖は「バカおやじ!」、そりゃあ仕方がないってもんです。とはいえ、父親のことを慕っている描写も多数あり、ほろっとするシーンもあります。

ほろり。。

「お父さんの下描き お父さんのペン入れ お父さんの背中見て育ってきたんだもの 見てない背中は追えないよ」

と、こんなこと言われたら世の中のお父さんはジーンと来ちゃうんじゃないでしょうか。

それはさておき、基本マンガを描かない父親は、そこらへんでアイス食べていたりネームの打ち上げで編集者と飲んでたりします。

たまに書いたかと思うと…

でもやっぱり描かないorz

なんだか複雑な家庭環境でもなんでも連載は続く、〆切は待ってくれない、そんなマンガ家の苦労を垣間見ることが出来る作品になっております。

漫勉を見た後は読んでほのぼのしてみるのもいいかもしれませんよ!

ちゃんと描いてますからっ! 3 (リュウコミックス)
作者:星里 もちる
出版社:徳間書店
発売日:2013-01-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事