入院したくなること間違いなし!?
断食道場の次は、アーユルヴェーダ入院だ!
『流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ~!』

杉田 千種2016年10月06日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 禁酒、菜食、だけどみんながハマる入院。 

数年前から、私の身の回りの感度の高い女性たちのあいだで、急に流行り始めたことがある。

アーユルヴェーダ施設での入院(!)生活である。

そこでは、食事療法、ヨガにマッサージといった多角的なアプローチで、1週間~一ヶ月間ほどかけて、健康的な体を取り戻すのだという。

単に食事制限だけをされたら辛くて死にそうだけど、そしてお酒飲めないとか想像しただけで気が狂いそうだけど、マッサージもヨガレッスンもつくなんてなんだか楽しそう・・・! 健康オタクとしては、是非いってみたいところだけれど、貧乏暇なしで全然行かれるタイミングがない。なので、何人かの裕福な友人に、日本国内のアーユルヴェーダ施設の開業を勧めたりしていた。

そんなアーユルヴェーダ式の入院を、自ら体験、コミックエッセイにまとめた方がいると聞き、さっそく購入した。

作者の名前は流水りんこさん。インド人の旦那さまを持つ漫画家さんである。

外国人向けのセレブな入院はNO! ローカルな病院探し。

アーユルヴェーダに興味を持ち、旦那さまを質問攻めにする流水さんに、旦那さまは
「アーユルヴェーダの病院に入院してくれば?」とアドバイス。

流水さんの好奇心はすさまじく、外国人向けのリゾートっぽいところではなく、普通のインドの方が入院されるようなローカルな場所を探すことに

旦那さまの遠縁にあたるケララのアーユルヴェーダの名医のところにいくことになった流水さん。そこでは衝撃の入院生活が待っていた。

ピッタ・ヴァータ・カパという3つの体質(ドーシャ)のうちどのタイプにあてはまるか、どんな問題をかかえているかのカウンセリングを経て、入院生活はスタート。興味のある人のために、本書には体質診断のできる問診票が付いている。ちなみに先生やマッサージをしてくださる方とのやり取りはすべて英語だそうだ。

入院、といっても、そのイメージは、日本でいう湯治のような考え方に近い。マッサージや、一日数回の投薬、菜食を中心にした食事療法、森林浴などで、ゆったりした時間が過ぎていく。

「流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ~!」より

とはいっても、治療は治療。楽なことだけではおわらない。薬はすごく苦そうだし、浣腸やヒルを使った血の吸出しなど、流水さんはなかなかパンチの効いた治療をいくつも受けられていた。

だが、持ち前の好奇心旺盛さからなのか、とにかく、入院中の流水さんは楽しそうである(実際、医師の先生にも、前向きな姿勢をほめられていた)。

菜食生活をつづけたためか、退院時に体重は2.5㎏減だったという流水さん。処方せんとともに、オーダーメイドの薬をいただいて、入院生活は終了だ。

健康になるだけでなく、痩せてしまうとは・・・! ますますアーユルヴェーダ式の入院生活をしてみたくなった。

ちなみに、
アーユルヴェーダ式の入院生活では、治療した日数と同じ日数だけ、きちんと休息をとることが求められるそう。

私の友人たちがこぞって行っていたのは、短期間でも入院が可能な、外国人向け施設の方だったが、タイトすぎるスケジュールのなかでの入院は体調をくずすリスクもあるそうなので、注意が必要だそうだ。

実際、痩せて、体調も良くなって、軽やかに入院後のインド里帰りを楽しもうとした流水さんも、その洗礼をしっかりとあびている(詳しくは本書参照)。

神が人に授けた知恵に由来する。気を読んで悪いことを予兆する、西洋医学にどっぷり浸かってしまった身には、ただ読んだだけではすんなりと理解できない要素もたくさん。けれどアーユルヴェーダについて、終盤、先生が語る言葉は、そんな私にも、実に響いた。

不思議な言葉で語られる、正真正銘の「科学」

「アーユルヴェーダは、何千年もの間、人間と宇宙に対して、熱心に観察を続け、その結果、発達してきた科学なのです」

『流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ~!』より

それは、3000年近く、実践を重ねてきた科学なのだ。実際、癌の再発寸前だったという日本人女性が、入院後、すっかり数値を改善させた様子や、ひどい不眠症の男性が、2日間で眠れるようになる様子など、わかりやすい変化のあった患者さんが、本書には何人も登場する。

ミーハーな興味から手に取った本書だが、その期待は裏切られた。本書は、とっつきにくく、難しい、アーユルヴェーダの基礎知識ををやさしく解説してくれる良書だ。

※ちなみに、2016年秋現在、日本国内にもアーユルヴェーダ施設、いくつかオープンしていました。私もさっそく検討したいと思います(休みが長期間とれる見込みは、まだないけど)!

流水りんこのアーユルヴェーダはすごいぞ~!
作者:流水 りんこ
出版社:主婦と生活社
発売日:2016-07-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事