恋人を振ったことがあるなら『社内離婚』を1回は読んでほしい。振られたことがあるなら100回読んだ方がいい。 忘れがちな「当たり前」に気付かせてくれる名読み切り

宮﨑 雄2016年10月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なんで振られたんだ??

振られた人の頭の中に、しばらく居座るこの疑問。仮に振る方にとっては明確でも、振られる方はワケわからなくて納得いかないものです。はい。

そんな風に、別れの数だけ理由があります。十人十色。でもみんな同じ人間ですから、共通する部分もあることでしょう。 『社内離婚』はそんなあらゆる別れの最大公約数を描いたように、かつて別れを経験した人なら誰もが心当たりあるエピソードです。

突然の離婚届。復縁条件は、「離婚の理由を見つけること」

たくみと真帆は、上司も同期も後輩も、みんな羨む社内結婚夫婦。
なのに突然、妻の真帆が、離婚届を会議の資料みたいに机に置いて、家から去ってしまいます…。

 

 

わけのわからないまま、策を弄して話す機会を作るたくみですが、真帆の返事はつれないまま。 それでも頼み込むたくみに対して、真帆は最後のチャンスを残します。 それは「3か月の間に”離婚したい理由”を当てること」

 

 

たくみは社内、社外に幼馴染と、あらゆる共通の知り合いに聞き込みして心当たりを探します。 しかし誰に聞いても、自分たちのイメージは「理想の夫婦」。 それでもたくみは考え抜いて、ついに「仲が良すぎてケンカをしなかったこと」という答えを見つけます。

訪れた約束の日、真帆に回答をぶつけるたくみ。 しかし答えは…

 

この後のたくみと真帆のやりとりは、もう、イタイタしくて見てらんないので、心当たりがある方は本編を読んでみてください。

たぶん、たくみのような振られ方をするのは「人は時間が経つと変わる」という当たり前のことを忘れてしまう人なんですね。
変わっていない愛する人の愛し方だけは人一倍わかっているけど、変わった愛する人の愛し方がわからない。あるいは変わったことにすら気づけない。

誰もが思春期にそれを親にされてイヤイヤしたくせに、自分のことになると、うまくできなくなっちゃうのですね。

恋は盲目」とは、よく言ったものです。

画像はすべて、きづきあきら+サトウナンキ『社内離婚』(グランドジャンプ2016 No.20)より引用しました。 

グランドジャンプ 2016年 10/5 号 [雑誌]
作者:
出版社:集英社
発売日:2016-09-21

読み切り作品につき、現在は掲載されているグランドジャンプでのみ読めます。求む、単行本化!

 

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
作者:きづき あきら
出版社:白泉社
発売日:2009-09-29
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  

セックスなんか興味ない 1 (IKKI COMIX)
作者:きづき あきら
出版社:小学館
発売日:2009-12-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事