元IT大手勤務の女子が描くお仕事系恋愛マンガ『彼女のいる彼氏』は現代版の”月9”だと思った。 消えつつある”月9”という習慣化された行動は、現代はWEBマンガで実現されている。

筧 将英2016年10月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
彼女のいる彼氏 1 (BUNCH COMICS)
作者:矢島 光
出版社:新潮社
発売日:2016-10-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

過去2回もレビューしている『彼女のいる彼氏』。10月8日に第1巻が発売されまして、ファンとしては売り上げに貢献したいとということで再度ご紹介。

「二股されている女性に読んでほしかった」『彼女のいる彼氏』矢島光先生ロングインタビュー

いつでもどこでも(会社でも)見られるWEBマンガが大好きです。『SNSポリス』『彼女のいる彼氏』

2回のレビューを読んでもられば、どこが面白いと思っているのか、作者がどんな方なのかはわかってもらえると思いますので、今回は少し違った視点で書いてみます。

最近、仕事柄ですが行動心理学に興味がありまして、その視点からこの作品の楽しみ方を書いてみます。

人間の行動の93%は予測できる

あるセミナーで聞いたんですが、「人間は過去のその人の行動データがあれば、93%の行動は予測できる」そうです。

確かに、私もほとんどの日は家から会社の往復だし、お店もそんなに新しいお店にいくわけではないし、いつも同じコンビニにいっています。

ちなみに最近あったことなんですが、私の家の最寄のコンビニがセブンイレブンなんですが、よくマンガの雑誌を立ち読みしていました。(買えよという声も聞こえていますが単行本は購入してるのでご容赦ください)

・月曜日:ジャンプとスピリッツとヤングマガジン
・水曜日:マガジン
・木曜日:ヤンジャンとモーニング

という感じなので、概ねその曜日にはそのコンビニを訪れていたわけです。

で、ある日からすべてのマンガの週刊誌が読めないようにテープが貼られまして。そうすると私の行動パターンがガラっと変わりました。はっきり言うとそのコンビニいく理由が減っちゃったんですね。

いや、本当に買えってことなんですけど、習慣化されていた行動は予測されやすいものの、些細なことでガラっと変わるときは変わるんだなと思いました。

66日続ければ習慣化される

会社のセミナーでメンタリストのDaiGoさんが来てまして、ミーハー気分で、楽しそうだなーと思って参加しました。セミナーを聞いた感想ですが、正直、DaiGoさん、すごかったです。テレビで見た印象しかなかったんですが、すごく勉強されていて、かつめちゃくちゃ割り切った合理的な考え方でいっきにファンになりました。

多くの心理学の知見を話してくれたんですが、心に残っているのは「人間は物事を始めた時は66日続ければ習慣化される」というもの。

運動や勉強などはじめは辛いですが、続けるとやることが苦じゃなくなるように習慣化がされますが、心理学的にいうと、「66日続ければ楽になるので、66日ということを覚えておいてください」とのことでした。だから何かを継続したかったら「66日まであと何日か」と考えて、まずはそこまでがんばるようにすれば良いみたいです。

それを聞いてから今回のレビューを書くにあたって考えたのが、WEBマンガは”WEBマンガ単体”で習慣化させることが必要だということと、『彼女のいる彼氏』を読むことは自分の習慣のひとつになっているなということでした。

『彼女のいる彼氏』の楽しみ方は現代版の”月9”

『彼女のいる彼氏』はROLAで隔週金曜日の11時ごろに更新されています。

その時間になるとSNS上で読んだひとがSNSで投稿し始めます。

「佐倉に恋してる」「徳様ーーーーーー」

とか、概ね女性の男性キャラへのキュンキュンなんですが、仕事的なことも描かれているので男性が、

「これすごいわかる」「共感」

とか、SNSで流れてくるんですよ。

そこで自分も読んで感想を友人同士で言い合う時間が、金曜日の午前中から昼にかけてあるんですが、それが『彼女にいる彼氏』を好きになる時間・楽しむ時間なんだと思います。シェアすることも含めて楽しむということですね。

この習慣はなんだろうなーって考えたら、”月9”なんですよね。私は「ロングバケーション」を見ていた世代なので、”月9”というものを経験していた世代です。

今の10代の方は、経験していないのでわからないと思いますが、は月曜日の夜9時にはフジテレビのドラマをみんな待っていて、次の日には学校や会社でそのことを話題にしていました。そしてそれが毎週繰り返されるのです。つまり習慣化です。

夜9時に大半のひとが家にいる、ということが難しくなってきた今の世の中では「面白かったー」と伝えても、その場で見てもらうことはできないので、感想を言い合うことは難しい。

でもWEBマンガであれば、その場でシェアして、その場で読んで感想を言い合える。そう考えると 月9のようにキュンキュンをシェアできる体験を提供している『彼女にいる彼氏』は自分にとって現代版の”月9”の形なんだと思います。

少し小難しく書いてしまいましたが、簡単にいうと「面白いマンガをシェアしてリアルタイムで意見を言い合えるって楽しい」ということですね。

「月9好きだったよ!」「月9懐かしい」という方も、「月9とか知らないけど、キュンキュンを共有したい」という方も、一度ROLAのサイトで『彼女のいる彼氏』を読んでみてください。

でもWEBでは全ての回は読むことができませんので発売された第1巻を読んでみつつ、隔週金曜日に更新されるマンガを楽しむ生活を一緒にしてみませんか、という提案でした。

 

彼女のいる彼氏 1 (BUNCH COMICS)
作者:矢島 光
出版社:新潮社
発売日:2016-10-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事