ホリエモン的このマンガが面白いから読んでみて!『漫画ルポ 中年童貞』

堀江 貴文2016年11月05日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
漫画ルポ 中年童貞 (リイドカフェコミックス)
作者:桜壱バーゲン
出版社:リイド社
発売日:2016-09-28
  • Amazon Kindle

  作者は介護施設に勤めていた経験のある漫画原作者なのであるが、その職場の終わってる現状とそこに巣食う中年童貞の姿を描いた赤裸々なルポ。桜壱バーゲンさんの作画がヤバすぎてその現状がより深刻に思えてしまう漫画。それでも一歩間違えたら自分はこのダークサイドに堕ちてしまうかもしれないという恐怖を感じてしまう。夢に出てきそうだ。

みんな綺麗事で介護業界の話しをするがよく考えてみれば介護保険制度で、介護報酬には一定のキャップが設定されている上に介護施設で使われる用品設備は認定業者間の競争原理が働いておらず介護保険を無駄遣いしているような現状だ。そのしわ寄せが職員の給料に行っており結果として質の悪い人材も雇わざるを得ないという悪循環に陥っている。そこに集まりがちなのが中年童貞。プライドだけは高いが不潔で能力低く生活能力も低いくせにプライドだけは高いという特徴がある。そして弱いものいじめが得意。中には認知症の老女の乳房認知症欲情して一種のセクハラ行為に走るものもいるという。衝撃のルポである。

作者は言う。これは現実であるから介護業界からのクレームはほぼないという。惨憺たる現状だ。他にも介護業界だけでなく中年童貞の実態が暴かれていく。ピュアすぎて女性から敬遠されアイドルに貢ぐことを人生の喜びとしている中年童貞や、生身の女性とセックスさせてもらえない自分を認めたくなくて性同一性障害と自分を偽りハッテン場に夜な夜な足を運ぶ中年童貞などなど。とにかく目を背けたくなる事実が羅列されていく。

彼らが救われる日はいつまでたってもこない気がするし、何処かで暴走して我々に危害を加えることだって十分あり得る。実際作中には秋葉原連続殺人犯の加藤の気持ちがわかるという中年童貞も存在した。ISの自爆テロリストのメンタリティも似たようなものなのかもしれない。我々はテクノロジーの力でこの人達を中年童貞から解放していかねばならない。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事