『君の名は。』とは違った童貞力がここにある。『はじめてのギャル』 こじらせるといっても人によって千差万別。

マンガサロン『トリガー』2016年11月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめてのギャル(1)<はじめてのギャル> (角川コミックス・エース)
作者:植野メグル
出版社:KADOKAWA / 角川書店
発売日:2016-05-26
  • Amazon Kindle

 

どんな男もかつては童貞だった。
この漫画は夢(卒業)を目指すとある男の物語です。

 

「ギャルは土下座すればやらせてくれる」友人の冗談に巻き込まれた主人公は、クラスメイトである八女ゆかなと二人きりに…そして…

(『はじめてのギャル』より)


この行動ギャルゲーだったら100%サブキャラですよね。
こう、このまま蹴られて悲しく…そう他の女子からも蔑まれて、それでも強くまた土下座を繰り返す。しかし、これがなぜか上手くいくんですよね。まったくもって納得がいかない。

 

(『はじめてのギャル』より)


そんなこんなで土下座したら付き合うことができた童貞(羽柴ジュンイチ)は幸せいっぱいこのまま卒業まっしぐらか…と思いきや、そうはいきません。(漫画が終わりますからね)軽そうなゆかなですが、案外ガードが硬いんです。

さて、主人公が卒業を目指して頑張るっていう漫画はよくありますが、ここまでこじらせたものは少ないというくらいこの漫画は振り切っています。童貞が美少女に土下座して付き合う、これだけだと童貞力が足りない。

もし、ゆかなが清純派の美少女だとこの漫画成り立たない。 土下座して清純派の美少女が付き合ってしまったら、その女の子はただの軽い女になってしまうんですよ。それじゃだめなんです。
童貞にとって女性とは未知のものであり、外見=内面となってしまうとそれは急に現実に感じられてしまうんです。こう生々しく感じられてしまう。
だから、童貞は外見から想起されるイメージとかけ離れている内面を持っているキャラクターに惹かれるんです。「自分だけはわかってるよ」という優越感を女性に対して持つことができますから。

いちご100%でもつかさが懸垂告白でじゅんぺいと付き合いましたが、これが東城だと童貞力が足りない。ただの、恋愛漫画になってしまう。(参考記事「非童貞なら分かる〝東城 綾〟の素晴らしさ。 名作ハーレム漫画『いちご100%』から東城綾を選ぶ5つの理由。」) 外見上軽そうな女の子だから土下座が通ることに謎の説得力がありつつも、軽さの裏には堅さがあると妄想してしまうところに作者の童貞力が見受けられます。(作者さん好き勝手言ってごめんなさい。)

また、サイヤ人並の童貞力を誇る『君の名は。』では、山の上で手に文字を書いて…のあのシーンはもう体中に鳥肌が立つ素晴らしさですが、今回のこの作品でのゆかなとジュンイチの絡みはそれとは真逆です。そう、言うなればこれらの童貞力は正と負の関係にあるのです。
こうなんというか、綺麗なものを追い求め続けているどちらかというとジャンプ漫画で言えば『ニセコイ』なんです。でもこの漫画は『To LOVEる』に近い。

(『はじめてのギャル』より)

(『はじめてのギャル』より)

(『はじめてのギャル』より)

圧倒的に八女ゆかなが可愛い。もう、この3コマだけでもすごいのにこのレベルはまだ序の口でどんどん、出てくるんですよ。作者は童貞と書いて天才と読むことができるほどの人物ではないかと思います。(もう、興奮して何を言っているのか自分でもわかりません。)

今回発売する2巻では、新しいギャルも登場します。
簡単にギャル、ギャルと使っていますが、案外ギャルの歴史は長く…
コギャル/ヤマンバ/マンバ/ビビンバ/白ギャル/お姉ギャル(オネギャル)/スポギャル/アルバカ/キグルミン/ロマンバ/サーフ系/サイケギャル(ヒッピーギャル)/age嬢(あげじょう)/姫ロリ等など
数多くのギャルが生まれては消えていきました。

ギャルの友達はギャル!ということで、今回の巻では黒ギャルが突如登場。 物語的にはこの黒ギャルが1巻ではなかった(というか1巻はジュンイチとゆかながイチャコラし過ぎてお腹いっぱい)刺激を与えてくれます。この新しい黒ギャルはゆかなと違い、とにかく、そう、とにかく、ただエロいんです。 この本物のビッチを前に2人の関係はどうなっていくのか、2巻では1巻とは違い、作者の真の童貞力が試されます。
 

(『はじめてのギャル』より)


この手の漫画には表紙の裏が…
これは2巻単行本のお楽しみで笑

(『はじめてのギャル』より)

 

(文責:荒井 健太郎)

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事