乙女ゲーの敵役ヒロインに転生したら…『公爵令嬢の嗜み』 転生して美少女領主に生まれ変わる

マンガサロン『トリガー』2016年11月11日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美少女に生まれ変わることができたらどうしますか?

先日、人気小説『公爵令嬢の嗜み』のコミカライズが発売されました。

転生&俺TUEEEEのジャンルを読みまくってきた私が今回紹介する漫画も、もちろん転生ものです。普通なら主人公だったり、名もない平民だったり、ゲームの主人公とかに転生したりするわけですが、今回は一味違います。

さて、主人公は税務事務所で働いている女性です。毎日夜遅くまで残業三昧、唯一の心の癒やしは自宅に帰ってからやる乙女ゲームです。

(『公爵令嬢の嗜み』より)

そして、仕事の後に運悪く交通事故にあってしまい転生した先は…

(『公爵令嬢の嗜み』より)

ゲームの主人公!!!…ではなく、主人公をいじめていた貴族「アイリス」!!まさかの主人公と結ばれたキャラの元婚約者に転生をするのです。主人公=自分としてプレイしてきたゲームの敵キャラの精神の中に入り込み、前世の記憶とミックスされた状態になります。そして、気がつくのです。ゲームに出ていたイケメンはただのゲス野郎だったと!!婚約者を振って新しい女性と愛を誓うのですから、それは、もう、ゲスですね。

(『公爵令嬢の嗜み』より)

えっ、じゃあこれでゲーム終わってしまうじゃないか!!そしたら漫画も終わってしまう!!というわけではなく、ここからはその負けたお嬢様のストーリーが始まります。

(『公爵令嬢の嗜み』より)

機転を利かせてシナリオ通りのバッドエンドを回避したアイリスは、領主代行として父から領地を任されます。これが、転生前のアイリスであれば無知なお嬢様だったのでしょうが、今は主人公「ワタシ」の精神も入っています。つまり、税務事務所で働いていた前世の経験が活きてくるのです。

(『公爵令嬢の嗜み』より)

そして、お嬢様、貴族としての問題意識から、農業以外の大きな収入がない地域を課題に感じ、税の負担を減らすために新しいビジネスを考えはじめます。

前世の『ワタシ』と本来のアイリスのシナジー効果が存分に発揮されていますね。

(『公爵令嬢の嗜み』より)

もちろん、アイリス1人だけではありません。周囲には優秀なメンバーが揃っています。メイドのターニャ、護衛のディダとライル、司書のレーメ、執事のセバスとセイなどなどの仲間に的確に指示を与えて、領地の現状を深く理解していきます。

転生してお嬢様の精神とOLの精神が混じり合って作られた新しい人格が領地を良い方向に、魅力的なキャラクターたちと導く王道内政ものファンタジーです。恋に破れ仕事に徹するワーキングお嬢様アイリスの勇姿をぜひ本編でお楽しみください。

 

公爵令嬢の嗜み (1) (カドカワコミックス・エース)
作者:梅宮 スキ
出版社:KADOKAWA/角川書店
発売日:2016-09-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事