ジャンプのアンケートシステムは今現在どうなっている?『ジャンプの正しい作り方!』を教えてやろう。

松山 洋2016年11月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ジャンプの正しい作り方! (ジャンプコミックス)
作者:サクライ タケシ
出版社:集英社
発売日:2015-07-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

少年ジャンプ(ジャンプ+)で連載始まる時のやりとりってどんな感じだと思いますか?

漫画家さんと編集者がどんな会話をしてどんなきっかけで連載開始となるのか?

打ち合わせってどんな感じ?

メールでのやりとりは?

原稿ってどうやって入稿データ作ってるの?

写植って今はどうしてるの?

印刷方法は?

工場ってどこになるの?

どうやって印刷してるの?

そもそもジャンプの再生紙のピンクとかミドリとかクリーム色のアレって何?

 

 

……気になりません?

 


子供のころから何気なく日常のように読んできた少年ジャンプ。

今まで気にしなかったことから、前から気になっていたことまで。

全部知りたかったことを面白おかしく教えてくれる漫画が存在します。

それがこの『ジャンプの正しい作り方!』です。

ジャンプ+で連載中。

いわゆるルポマンガなんですが。

 

これがちょっとフツーじゃない!

 

まず、漫画家さんですが。

うん、私も最初は“ん?おにぎり屋?ん?漫画家じゃないの?”って
思いましたが、どうやら反応は正しいみたいです。

なんとこの方、おにぎり屋さんをやりながら漫画も描いてる方なのです。

 

そして、もう一人の登場人物が編集者・M山さん。
 

 

うん、なんだろうね、この人。
ホントにこんなこと言ってそう(笑)。


このちょっと変なコンビが色んなところに取材に行ってジャンプの作り方
紹介するというマンガです。

いや、ほんとね、この二人のやりとりが面白いんですよ。
 

 

終始こんな感じのやりとりです(笑)。

 

 

なんか、もう、ね、読んでるとこの二人のやりとりに夢中になっちゃうんですよねえ。


もちろん、ちゃんと取材もしてます(笑)。
 

 

『僕のヒーローアカデミア』の堀越先生のところに取材に行って話を聞いたり。

 

 

ジャンプのアンケートシステムについて言及してたり。(よく触れたなあ)
ここは、ね、ある意味この本の中で最も興味深いところ。あえてここでは
詳しくは紹介しませんので。本の中で読んでください……。
 

マンガのロゴの作り方を紹介したり、と普通のルポマンガでは紹介しない
ようなところにも切り込んでいるのです。


他にもね。

現在のアメリカや他の国でのジャンプの展開ってどーしてるの?

ジャンプフェスタのイベント運営ってどーやってるの?

ジャンプの表紙ってどうやって決めてるの?

編集部ってどんな感じ?何人いるの?

ファンレターってどう管理してるの?

プレゼントページってなんであんなにふざけてるの?

などなど!

ホントにね、ジャンプ好きにはたまらない1冊です。

ルポマンガとしても面白いのですが、私はこのサクライタケシという
漫画家さんの作風
が気に入っています。

ちょいちょいこのマンガ自体の制作秘話なんかも載ってます。


今はジャンプ+で番外編が不定期連載中ですよー。
 

『少年ジャンプ+』はコチラ

ジャンプの正しい作り方! (ジャンプコミックス)
作者:サクライ タケシ
出版社:集英社
発売日:2015-07-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事