父親が絶対にやってはいけない6つのこと?めんどくさい愛情で息子を追い詰める父子マンガ『秋津』。 すがすがしいくらいのダメ人間でも父になれる。こんな風に僕たちも生きていけたらすばらしい。

今村 亮2016年12月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父たちよ、育児してますか?

NPO法人ファザーリング・ジャパンは下記のように提唱しています。

日本では「男は仕事、女性は家事・育児」という性別役割分業の意識がまだ強く、女性の労働化ほど男性の家事・育児分担は進んでおらず、「男は仕事、女は仕事と家事・育児」と言えるほど母親の負担は大きく、産後うつや育児ノイローゼの問題もあり、父親の育児参画は必要不可欠です

世間には、育児に悩んでいる父親の皆様も多いのではないでしょうか。3歳の男児を抱えて共働きする筆者も、悩みながら日々を過ごしています。

漫画の世界はどうでしょう。

テツ沢北・白ひげ・荒岩一味をはじめ、父親にしたい男たちがズラリと並ぶ一方、孫悟空・ジン=フリークス・バラン・浦飯温子さんの元旦那など、絶対に父親になってはいけない方々も多く見られます。いずれも家庭はめちゃくちゃだし、妻は不憫だし、子どもの発達に明らかに悪影響が及んでいるし、父親本人に罪悪感がなさそうな点がなおさら救いがたい。

今回紹介したい『秋津』もまた、酷い父親を描いた作品です。その酷さは上述した週刊少年ジャンプのヒーローたちに匹敵するのですが、その様子は少し違います。

秋津 1 (ビームコミックス)
作者:室井大資
出版社:エンターブレイン
発売日:2012-10-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

反面教師こそ教師です。 

主人公・秋津さんは漫画家。物語は、秋津さんの妻が家を出ていったところから始まります。小学生イラカ君との父子生活は、果たしてどうなることでしょうか。 


画像はすべて『秋津』より


が、ダメ人間こそよい反面教師になることもあります。作中では秋津さんの息子・イラカくんがかえって逆にすくすくと成長する様子が描かれます。皮肉なものです。

というわけで私たちも反面教師としての『秋津』を研究してみましょう。父親がやってはいけない6つのこと。ご覧ください。
 

1.浮気してはいけません。

ましてや、浮気相手の写真を自慢してはいけません。

2.授業参観でほかのお母さんを狙ってはいけません。

息子に噂が立つことを理解しましょう。
 

3.軽々しく学校に電話してはいけません。

カレーがいかに上手にできようとも、だめです。

4.子どもに職業選択を強要してはいけません。

漫画家の息子が漫画家になるとは限りません。

5.デビルマンのミキちゃんをキャラ弁にしてはいけません。

生首は本当にダメです。

6.子どもをあげてはいけません。

本当は大好きなのに、あげるふりをしてはいけません。

 しかし読者は秋津がうらやましい。

以上のように、絶対にやってはいけないタブーを踏みつけまくる反面教師・秋津さんも、なんとか日々を生き延びています。悲しいときに落ち込んで、落ち込んだら子どもに依存して、テンション上がったら調子に乗って、調子に乗ったら悪事をはたらく・・・。そんな姿に、読後は少しの羨ましささえ残ります。

『秋津』に描かれる父子生活は、悲惨なようで微笑ましくて、邪悪なようで愛に満ちた、不思議な日常感覚につつまれています。家族マンガにありがちなネバネバ感がありません。ちっとも押し付けがましくなくて読みやすい。難解なギャグの間に感情表現を畳み込んでくれているからでしょう。

子どもを放置して、最強だの何だのばかり追いかける週刊少年ジャンプの父親たちに同感できない筆者にとって、『秋津』は自己肯定感を癒すための実用書でもあります。いいじゃないか、父だって子どもに依存するときがある。

子どもを怖がって、家から逃げることがいちばん良くない。筆者が『秋津』から読み取った教訓はそういうことです。全二巻で完結しますので、みなさんも確かめてみてください。

 

余談ですが秋津さんの愛蔵書は『寄生獣』

余談ですが、室井大資さんは『寄生獣』作者の岩明均さんの原作で『レイリ』という新作を連載していて、これまた素晴らしい名作です。
 

レイリ(1)(少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
作者:岩明 均(原作)
出版社:秋田書店
発売日:2016-11-08
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事