「あ、それ知ってる~(名前だけ)」な反応ばかりしてまう人にささぐ、知ったかマスターをひそかに卒業させてくれる偉人・名著の大図鑑『バーナード嬢曰く』

岡田 篤宜2016年12月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バーナード嬢曰く。 (REXコミックス)
作者:施川 ユウキ
出版社:一迅社
発売日:2013-04-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

「頭が良くなりたいな~」と思っているそこのアナタ、読書は日頃どれくらい親しんでいますか?

 

 頭が良くなりたい方は、考える力や知識量を増やすためにも、読書をしておいたほうがいいと思います。読書をすることで、今まで自分が想像もつかなかった発想や考えに出会うことがあるのですから。


ただ、現代人はなにかと忙しく、「読書する時間が満足に取れない」という声があるのも事実です。現に私も読めてません!週1冊は新しい本を読むという目標をひそかにかかげているのですが、ちっとも思うようにいかず・・・時間を作るって、難しいですよね。


それでもちょこっと「わたし、読書してますからっ!」みたいな感じで澄ましてみたい、「あ、その本知ってる!面白いよね!(中身知らないけど)」みたいな感じで、言ってみたい。そんな思いを持ったことがある人は、今回ご紹介するマンガに共感することでしょう。知ったかマスターお助けの一冊、『バーナード嬢曰く』のご紹介です!
 

読むとなんだか読書欲が高まる“名著礼賛"ギャグ! 本を読まずに読んだコトにしたいグータラ読書家“バーナード嬢"と、読書好きな友人たちが図書室で過ごすブンガクな日々──。 『聖書』『平家物語』『銃・病原菌・鉄』『夏への扉』『舟を編む』『フェルマーの最終定理』……古今東西あらゆる本への愛と、「読書家あるある」に満ちた“名著礼賛"ギャグがここに誕生!!

 

「あ、それ知ってるー!!(名前だけ)」なものについて教えてくれるギャグマンガ

 

バーナード・ショー、メンケン、H・J・ブラウン、チェーホフ、ニーチェ・・・

 さあ、あなたは今挙げた人物のことを知っていますか?知っていると答えたならば、あなたは相当勉強家ですね!もし、知らないと答えたならば、それでも全く問題ありません。

だって主人公たちでさえよく分かってないのですから(笑)。

そして、その分かってなさ加減を楽しむのがこのマンガの醍醐味の一つでもあるのです。


このマンガは主人公の読む本を通して色々な知識に触れることができます。一人だとまず手を出さないようなジャンルの作者のことを紹介し、今まで知らなかった本や作者の思想との出会いを促してくれます。なので、いままで本当にただの知ったか振りしてた人も、ほんのちょぴっと知ったか振りな人ではなくなります。この漫画を読むと、安心して「私、知ってる!(少しだけ)」と言えるようになりますよ。
 

最後に、ひとつクイズを出します。次の名言のブランクを埋めてみてください。

 

「恋愛とは、○○のようなものだ。始めるのは簡単だが、やめるのは困難である。」

 

正解はぜひ本編を読んで探してみてください。めざせ知ったかマスター卒業の第一歩!
 

バーナード嬢曰く。 2 (IDコミックス REXコミックス)
作者:施川ユウキ
出版社:一迅社
発売日:2015-07-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

バーナード嬢曰く。 3 (IDコミックス REXコミックス)
作者:施川ユウキ
出版社:一迅社
発売日:2016-10-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事