マンガ新聞・マンガHONZ超新作大賞2016 授賞式トークイベント 12月27日(火)19:00スタート!【堀江貴文&佐渡島庸平&『ゴールデンゴールド』堀尾省太先生登壇!】 今年発売した、一番面白いマンガに選ばれたのはコレだ!

マンガHONZ編集部2016年12月21日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴールデンゴールド(1) (モーニング KC)
作者:堀尾 省太
出版社:講談社
発売日:2016-06-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 2016年も終わりが近づいてまいりました。今年もたくさんの新作が誕生しました。 

今回の超新作大賞の選考にて、HONZレビュアーによって投票された新作マンガの数は、70作品!その中でも最も獲得ポイントが高かった作品の受賞イベントを開催します。

今年の新作で、一番面白いマンガはコレだ!

【堀江貴文氏&佐渡島庸平氏登壇】12月27日(火)19:00スタート!!マンガHONZ超新作大賞2016 授賞式トークイベント

日時:12月27日(火) 18:30開場、19:00スタート

場所:TSUTAYA 三軒茶屋店
住所:東京都 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー2F
参加費:3,240円(一位のマンガがおみやげにつきます)

※チケットが完売した場合、当日券の販売はございませんのでお早めにご予約ください!

▼チケット購入はこちらから
http://peatix.com/event/223477/view

 

レビューサイト『マンガHONZ』とマンガ情報サイト『マンガ新聞』が開催する、独自の基準によるマンガ大賞『マンガ新聞・マンガHONZ超新作大賞 』が今年も開催されます!

堀江貴文が代表、佐渡島庸平が編集長を務めるマンガHONZ発の、新作マンガのみを対象に絞ったマンガ大賞『マンガHONZ超新作大賞 2016』の授賞式がTSUTAYA 三軒茶屋店 で行われます。堀江・佐渡島のコメントや『ゴールデンゴールド』作者、堀尾省太先生と堀江貴文との対談を間近に聞くことができます。

▼年間1,000冊以上読むマンガレビュアーたちが選ぶ珠玉の10冊の発表!

■ノミネート対象作品:

2015年11月から2016年10月の期間に「第1巻が発売されたマンガ作品」が対象。
※上巻・1巻完結作品なども第1巻としてカウント

■選考方法:

・一次選考…対象作品の中から、マンガHONZレビュアーがお気に入りの作品を3つまで投票。

・決戦投票…一次選考で票の入った作品の中から、改めて自分がお薦めする作品を1位5ポイント、2位3ポイント、3位1ポイントの順で順位付け。獲得ポイント数が最も多いものが大賞を受賞。

▼マンガHONZ代表 堀江貴文、編集長 佐渡島庸平、『ゴールデンゴールド』作者、堀尾省太先生に会える!


▼出演者
堀江貴文(ほりえたかふみ)

 
マンガHONZ代表。1972年福岡県生まれ。現在は自身のロケットエンジン開発とジャンルに問わず興味が湧くビジネ スの立ち上げにほとんどの時間を費やしている。 好きな本:ジャンル問わず面白いもの全て。 主な読書方法:Kindle paperwhite。 代表著書 『ゼロ』『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』 『面白い生き方をしたかったので仕方なくマンガを1000冊読んで考えた →そしたら人生観変わった』が12月31日に発売。https://www.amazon.co.jp/dp/4046014407/
 
 
佐渡島 庸平 (さどしま ようへい)

マンガHONZ編集長。2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマ ン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、クリエイターの エージェント会社、コルクを設立。現在、『インベスターZ』(三田紀房)、『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集を担当している。
 
 

堀尾省太(ほりおせいた)


広島県生まれ。高橋のぼる氏と能條純一氏に師事。連載デビュー作『刻刻』で一躍注目を集め、同作はマンガ大賞2011にもノミネートされた。著書に『刻刻』全⑧巻。単行本未収録の『刻刻 番外編 —300日後—』は各電子書店にて無料配信中。

その他にもHONZレビュアーが多数来場予定です!
 
 
▼タイムスケジュール
18:30 開場
19:00 イベントスタート
21:00 イベント終了
 
※イベント終了後、会場は書店として通常営業となります。あらかじめご留意ください。
▼チケット購入はこちらから
http://peatix.com/event/223477/view

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事