【滞納者必読】税金未納で失う覚悟はできてますか?失う前に読むべき『ゼイチョー! ~納税課第三収納係~』

佐保 祐大2017年01月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「公務員はヤ〇ザだよ」

これは5年ぐらい前に住民税を払っていない先輩が、銀行口座を差し押さえられたときにそう思ったそうだ。

そもそも税金を何年も払っていなかった先輩も悪いのだが、その話を聞いたときに「銀行口座って本当に差し押さえられるんだ」と、税金なんて自分一人払わなくても大丈夫だろう、と甘く考えていた自分がゾワッと身震いしたのを今でも覚えてる。

私たちにとってとても身近な存在である税金。しかし、税金のことを私たちはどれぐらい知っているのでしょうか?

2017年になってもう半月以上経ち、3月の確定申告の時期が近づいてきた。準備はできていますか?面倒だからといって白色申告ですませていませんか?

確定申告に限らず知っていると知らないで大きく変わってくる税金の知識。今ならまだ間に合う、ゼイチョー!で正しく学びましょう。 


ゼイチョー! ~納税課第三収納係~(1) (KCデラックス BE LOVE)
作者:慎 結
出版社:講談社
発売日:2016-06-13
  • Amazon
  •  
  • Amazon Kindle
  •  
  • honto
  •  
  • e-hon
  •  
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

税金滞納による強制執行(差押え)の割合は100人に一人!?

「強制執行(差押え)」という、言葉を聞いただけでもゾクッとする人は滞納しているからか、過去にしたことがある人だからでしょうか。キチンと払うものを払っていれば無縁の言葉ですが、実際に差押えにあった人は日本中に多くいる。

これは東京都総務局行政部区政課が出した『平成25年度 特別区税に関する参考資料』のなかで、東京23区の特別区民税の滞納によって差し押さえられた件数は151,579件で16,605人であると報告されている。

平成25年12月1日の東京23区の人口が9,068,918人であったことから算出すると、約1.7%の人が差押えにあっている計算になる。

100人に1人よりは多い計算となり、これを多いと感じるのか少ないと感じるのかは人それぞれだろうが、私はその数字を算出したときにそれだけの割合で差押えが起きていることに驚いた。差押えはいわば最終手段であり、それほどまで税金を払っていない(払えない)人がこんなにもいるということだからである。

 

制度は国民が持つ権利!知ることで有効に活用する方法を身につける

この漫画『ゼイチョー! ~納税課第三収納係~』は、主人公である新人徴税吏員(りいん)・百目鬼華子(どうめき・はなこ)が納税処理と滞納対策のため、税金未納者の経済状況を把握し、自宅に電話をかけたり訪問をしたり、ときには財産を差し押さえて税金を納めてもらうよう促す様子を描いたお仕事漫画である。

1話完結のストーリーとなっており、毎回出てくる税金滞納者たちのケースもさまざまである。

アルバイトをしながら病気の母親を扶養する女性。彼女は扶養控除と医療費控除を知らず、ずっと高い税金を納めていた。そんな彼女に主人公の百目鬼華子は「更生の請求」「確定申告のやり直し」をすすめる。これによって控除分を再計算し所得に合った税額を割り出し、過払い分は返還されることを伝える。

また、シングルファーザーで男手ひとつで2人の子どもを育ている男性には「募夫控除の申告」があることを伝え、それによって所得税額で住民税が変わり負担を減らすことができることを説く。しかも年末調整の修正で過去5年分は「還付申告」をすることができることなど、知らなかった制度をこの漫画を読んで知ることができる。


私たちは普段生活をするうえで税金のことや制度のことを知る機会というのはなかなかない。そのため多くの人が受けられる制度を知らないままで、ずっと高い税金を払っている人だって大勢いる。

公務員は当然ヤ〇ザではなく、私たち国民の見方であることを忘れてはいけない。立場の弱い人たちを守ってくれる制度は私たちが知らないだけで多く存在するので、まずはこの漫画を読み税金は払いすぎることなく・遅れることなく税金は納めれるようにしよう!

 

ゼイチョー! ~納税課第三収納係~(2) (KCデラックス BE LOVE)
作者:慎 結
出版社:講談社
発売日:2016-09-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

ゼイチョー! ~納税課第三収納係~(3) (KCデラックス BE LOVE)
作者:慎 結
出版社:講談社
発売日:2017-01-13
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事