この入れ替わりは強くてニューゲーム『WHITE NOTE PAD』

KOTONO2017年02月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  ”強くてニューゲーム”とはRPGゲームなどにあるシステムのことである!
本来ストーリーを始めたらやり直しをするまでセーブデータをひとつしか保てない。
新しいデータを作ると0からやり直し。
しかしこのシステムはクリアした時点のアイテムや経験値を引き継いだまま
新たにゲームを始めることができるというもので、
初期では倒せない敵や数量が決まっているアイテムをたくさん獲得することができるため
初回のプレイよりもキャラクターを強化できることが特徴。つまり最強!!

今回は入れ替わってしまった人生を嘆く少女と、
強くてニューゲームととらえた前向きな男の物語をご紹介!
 

WHITE NOTE PAD 1 (フィールコミックスFCswing)

作者:ヤマシタ トモコ
出版社:祥伝社
発売日:2015-12-04
  • Amazon
WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)
作者:ヤマシタトモコ
出版社:祥伝社
発売日:2016-12-08
  • Amazon

小田薪葉菜は17歳の女子高生。

猫背、無趣味、スクールカーストは中の中。
素材はいいのに見た目はさほど気にしていなかった。

ある秋の日、目が覚めると中年男性になっていた。
会ったこともない誰だかわからないオッサンだった。

木根正吾という男になってから1年、清掃先の雑誌編集部で私はと再会した。

今の小田薪葉菜は読者モデルとして活躍。
中身は木根正吾だが彼は小田薪葉菜としての人生を楽しんでいた。

携帯もPCも写真も手紙も全部見た。体も触った。
俺の方が「あんた」をうまくやれると思った。

『つけまとかしたことないんだけどわたし…』
「読モだからわたし今。すごくない?最強じゃない?強くてニューゲームだ。」
『なんでおまえのほうがうまくいってるんだ』
「そりゃ、あんたの人生がカラッポだったからじゃないの?」

木根正吾になってからの私は最悪で、自分が誰だかもわからないし
自動車整備の仕事なんて何もわからなかった。
体が覚えてるなんてことなかった。当然仕事は続けられなかった。
私の知らないものをたくさん持っていた。私は木根正吾が38年で得たものを奪った。

記憶喪失者としてこの1年過ごしてきた。
それなのにこいつは私の人生を私よりも満喫していたのだ。

結局NEW小田薪葉菜の紹介で雑誌編集部の雑用係として雇ってもらうことになった。
記憶喪失だと色々説明しなくていいから楽だし、新しいこともいちから教えてもらった。

NEW葉菜をみていると、もう自分が小田薪葉菜だったこともわからなくなってきた。
だからNEW木根正吾として新しく人生を始めることにした。

どんどん新しいことを吸収して、みんなから受け入れられて行くNEW木根正吾に
なんだか腹がたってきた正吾。
見た目はオッサンでも中身は女子高生。やはり”若さ”にはかなわないのだ。
純粋にものを見ることができる。一生懸命さが伝わる。だから慕われる。
それが自分の姿をしているのに本当の自分はあんなんじゃないから、余計に腹が立つのだ。
 
二人はそれぞれの人生を奪い合いながら混ざり合って新しい自分になっていく。


強くてもろいストーリにどんどん引き込まれた。
今回のテーマは何度も言うが強くてニューゲーム
恥ずかしながらあまりゲームはやらないので最初このセリフの意味がわからなった。
このマンガのレビューを書くにあたって、そういえばあのセリフが頭にひっかかっているなと思い調べてみると、なるほどなと納得。

経験値がものをいうといった感じで、冴えないオッサンも
やはり可愛い女の子に生まれ変わったら輝きたいと思ったりするんだなと
見た目が変われば中身も変わってくるというのが明確に描かれている気がした。

そういえば大学のゼミ仲間で、おとなしいくて少し地味な女の子が
ある日突然化粧をしておしゃれしてきたときはざわざわした。
彼女にはどんな心境の変化があったのだろう。
彼氏ができたんじゃないかと噂になったが結局真相はわからず・・・
(聞けばよかった話なんだけど、あまりの変化に誰も怖くて聞けなった)
服装が変わるとやはり中身も自信に溢れていて、
前に比べて積極的に発言するようになった。

今思うともしかしたら誰かと中身が入れ替わっていたのかもしれない(笑)


過去に紹介した入れ替わりマンガ

この世は不公平でいつも孤独だった。いっそあの子になってしまいたい『ぼくは麻理のなか』

ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)
作者:押見 修造
出版社:双葉社
発売日:2012-12-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

忘れたくない、この思い『君の名は。』映画を超えるストーリーが漫画に!

君の名は。 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
作者:琴音 らんまる
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2016-08-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事