男の子はなぜ脱走モノが好きなのか。孤児院から逃げ出すための心理戦を楽しむ『約束のネバーランド』 現代の”不完全情報疲れ”から考える

筧 将英2017年02月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)
作者:出水 ぽすか
出版社:集英社
発売日:2016-12-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

「ショーシャンクの空に」「ザ・ロック」「プリズンブレイク」のような脱走モノが好きです。ふと思ったんですが、脱走モノが好きだという人って男性が多いですよね。なぜなんでしょうか。今回紹介する作品も脱走モノなんですが、紹介するとともにその理由を考えてみました。

週刊少年ジャンプらしくない設定

今回紹介する『約束のネバーランド』は週間少年ジャンプで連載されています。
公式では、

母と慕う彼女は親ではない。
共に暮らす彼らは兄弟ではない。
ここグレイス=フィールドハウスは小さな孤児院。
至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を
送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。
しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた・・・
子供達を待つ数奇な運命とは・・・!?

というストーリー。

若干ネタバレになってしまいますが、孤児院は本当は孤児院ではなく、3人の主人公たちはそこから逃げ出さないといずれ死んでしまうため、知恵を絞って逃げるための方法を探しはじめます。

若干グロめの表現もあり、少年誌らしくないなと思ったりもしましたが、レベルEなどを楽しんで読んでいた子供のころも思い出したので、この設定が流行るのもわかるような気がします。

男性が脱走モノが好きなのは、脱走という設定がワクワクするから?

現在2巻まで発売されていますが、帯で秋元治さんが、

可愛い絵に釣られて読んだら、止まらなくなりました(笑)
引きの上手さ、構成力、作画の演出力、最高のサスペンス作品です!

と書いているように、絵もとてもきれいで魅力的なんですが、構成・ストーリーがとても練りこまれています。

こういった脱出モノの作品は、前提条件や読者に知らせている情報が適当になると、ストーリーがガバガバ(なんでもあり状態)になって、白けてしまうんですが、原作と作画が別の方だからが、非常にしっかり練られています。小説的。このあたりに男性が脱走モノが好きな理由があるかもしれません。

人はなにを考えればいいかわからない状態にストレスを感じる

小さいころに、親に怒られたり友達とケンカして怒られたりすることがありますが、あれって「わからない」あるいは「わからないことがわからない」状態ですよね。

こういった感受性に近い部分は、子供のころは女性のほうが能力が高い(大人になってもだけど)と言われていますが、子供のころの自分は、わからないものがたくさんある生活の中で、
「わかりやすい設定があり、頭を使うところが明確である」脱走モノの映画・作品に魅力を感じていた気がします。男の子が脱走モノやミステリーにはまる理由のひとつかもしれません。

現代の”不完全情報疲れ”

話は変わりますが、麻雀などのように、相手のパイが見えないようなゲームのことを不完全情報ゲーム、将棋やチェスは相手の駒が全て見える状態なので完全情報ゲームといいます。

言うまでもまく、人生はすべての情報を知り得ることができない不完全情報ゲームです。しかも、どんどん情報化が進むし、数年後はどうなっているかわからない。不完全情報度合いは加速しています。「絶対にこれで大丈夫」なんてなくなっていくわけです。

そういったわからない中でもいろいろ考えて人生を進めていかなければいけないのですが、
その結果、「不完全情報疲れ」が起きているのかもなと思いました。

リアル脱出ゲームはなぜ流行ったのか

そんなことを考えていて、ふと思いついたのが数年前からブームである「リアル脱出ゲーム」

ブームの理由をモノよりもコト・体験に価値を感じるという説明のされ方は多いと思いますが、強制的に「目の前の状態のことだけを考えればいい状態」にさせられることによって「それ以外のことを考えなくてもいい」というある種の安心感をもたらしてくれている、ということも楽しいと感じる理由のひとつだと思います。

安心して頭を動かすことができる作品『約束のネバーランド』

厳密な完全情報ゲームで、頭を使えば解答がわかる作品というわけではありませんが、与えられている情報と構成・ストーリーが綿密なので、うまくそのように錯覚をさせてくれる作品です。

癒される種類の作品ではありませんが、心地よいスリリングさとワクワクで、頭のデトックスをするのに良い作品なのではないでしょうか。

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)
作者:出水 ぽすか
出版社:集英社
発売日:2016-12-02
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
約束のネバーランド 2 (ジャンプコミックス)
作者:出水 ぽすか
出版社:集英社
発売日:2017-02-03
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事