『.hack』や『ソードアート・オンライン』も“今”を表現して作りなおすときっとこうなる『メガロポリス・ノックダウン』。

松山 洋2017年03月30日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今からちょうど15年前。

世の中はプレイステーション2の時代。

“オンラインゲームの楽しさはそのままに。筋書きのあるドラマを表現したオフラインRPG”として、弊社で企画・制作を行って誕生したのが『.hack』シリーズというRPGです。
*発売:バンダイナムコゲームス(現:バンダイナムコエンターテインメント)

当時はまだまだオンラインゲームというと黎明期。

我々、開発者の多くがオンラインゲームをプレイして研究して。

新しい遊びの探求をしていた頃。

『ディアブロ』
『ウルティマオンライン』
『ラグナロクオンライン』
『リネージュ』

これらのPCオンラインゲームをプレイしまくっていて。

ドリームキャストやプレイステーション2がついにオンラインに
繋がるゲーム機として騒がれていて。

そんな中、ゲームを遊ぶ中学生や高校生の誰もがオンラインゲームを遊ぶことはなかなか
簡単にはいかないだろう?ましてや毎月の課金をクレジットカードで決済できるはずもない。
なら、そんなオンラインゲームの楽しさを内包したオフラインのRPGを作ればみんな特別な
環境や機器がなくても安心してその世界にのめり込んでもらえるんじゃないか?

そんなことを考えながら『.hack』という企画は生まれました。

やはり、いつの時代もそのタイミングの社会や環境に合わせて企画を作るということは
本当に大事なことなのです。

じゃあ、“今”、『.hack』のような企画をゼロから始めるとしたら?

“今”の時代にあった(ゲームの)物語体験とはどういったものなんだろう?

と考えた時に。

きっと、こうなんじゃないかな?

素直に“そう”思った作品が、こちら。

 

メガロポリス・ノックダウン 1 (MFC)
作者:田澤 類
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-01-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

『メガロポリス・ノックダウン』


架空のゲーム『メガロポリス・ノックダウン』。

15年前に流行していた、いわゆる「ファンタジーRPG」のオンラインゲームじゃなくて、

世界中で大ヒットしている “クライムアクションゲーム(オンライン対応:18禁指定)”という設定。

現実世界に似せたフィールドで、現実世界では不可能な犯罪行為がなんでもできてしまうというオンラインゲーム。


まあ、要するにゲーム『グランド・セフト・オート』ですね。


ハードでバイオレンスな世界で人を殺しまくるゲームなんですが。

そのゲームに魅せられた“女子小学生(!)”が本作の主人公というのが面白い!

世界中で大ヒットしている(という設定の)ゲームですから。

オンラインゲーム廃人の大人達がはびこる世界に潜り込んだ
本来プレイ禁止のはずの女子小学生が。
初めてのFPS(一人称視点の画面)に3D酔いしたり、
右も左もわからないマルチプレイで初心者お断りの冷たい洗礼を受けたりしながら、
その中で特殊な才能を開花させていくという物語構成。


うん、こーだよなー。

ホントに。

もし、“今”、『.hack』を企画するならこーだよなー。

もちろん、ね、ゲームソフトの企画を作るときには設定や世界観だけじゃなくて、その作品でないと
体験できない遊びも含めて総合的に設計もするのですが。

まずは、その時代に合った“共感”が無いと入口が作れない。

この『メガロポリス・ノックダウン』は、今の時代にあってる。

そして、面白い。

こーゆー作品が我々ゲームクリエイターを刺激するんだよなあ。

 

ようし、負けてらんないな。


さ、新企画、新企画。

 

 

メガロポリス・ノックダウン 1 (MFC)
作者:田澤 類
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-01-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事