1000万PVを誇るWEB漫画家がレジェンド漫画家にインタビューをして見た地獄とはなんだったのか?『カメントツの漫画ならず道』

菊池 健2017年04月18日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは。3月まで働いていた漫画家支援のトキワ荘プロジェクトのお仕事は、非常勤のアドバイザーになりまして、4月からマンガHONZを運営するマンガ新聞社の常勤になりました菊池です。運営に回りますがレビューも書きます。これからもよろしくお願いいたします。

 

さて、ネットで名を上げ、それをきっかけにメジャー雑誌にデビューする漫画家という流れは、最早定着化した感があります。

ウェブサービス「note」でエッセイマンガが1000万PVを集め、ビッグコミックスペリオールに連載を開始した『岡崎に捧ぐ』ほか、「pixiv」に「2ch」に「エブリスタ」や「小説家になろう」の他、多くのSNSなどから、沢山の新人漫画家作品がネット発でメジャー商業誌に掲載、最早「漫画家はネットでしか探していません。」という知人の漫画編集者もいます。

その中でも、「ルポマンガ×ネット」という独自の立ち位置でのし上がってきた代表と言えば、カメントツ氏です。

「マンガ家は起業家」――ネットマンガで食べていくには? カメントツさんに聞く | HRナビ

彼がトキワ荘プロジェクトに入ったばかりの頃に、Twitterで沢山のバズネタをいくつも作っていたことが思い出されます。 凄い人が入ってきたなぁと。

このあいだ長崎県で本当にびっくりしたこと。 (1.4万RT以上)

なんか古都の寺や神社を線でつなぐと六芒星ができるみたいなやつがうらやましいので名古屋で試したら衝撃の事実が発覚した(6.9万RT以上)

 

その後は、テレビ出演から、オモコロで連載など、どんどん有名になっていった彼が、あれよという間にゲッサンでマンガ連載が決定!

 

そしてこの度、単行本が発刊されることになりました!一人の作家さんが、駆け上がっていく途中経過をつぶさに見ることが出来ました。特にカメントツ氏の場合は途中経過がマンガになっているので、劇的なことが良く判ります。

カメントツの漫画ならず道 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
作者:カメントツ
出版社:小学館
発売日:2017-04-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

ネットで人気とはいえ、連載ではレジェンド級の漫画家に、そのキャラのままインタビューをすると言います。彼の芸風を考えると、どんなマンガが連載されるものかと、期待半分怖さ半分。でもまぁ思い切ってやって欲しいなと思っていたわけです。 

第1話がいきなり、西原理恵子先生とか、ゲッサン担当編集者☆野さんの攻めの姿勢もかなりのものです。

サイバラさん、いろんな意味で権力者です。旦那様ももちろんすごいですが、DMMってすごい会社なんですよ。六本木の綺麗なビルに2000人以上の社員がいるんだそうです。

他にも、こんなちょっととんでもない大先生方にインタビュー&それを連載漫画化と。

『タッチ』 あだち充先生
『名探偵コナン』 青山剛昌先生
『つるピカハゲ丸』 のむらしんぼ先生

あれまぁ、確かに大変なレジェンドばっかりです。
単行本収録分の後には、さいとう・たかを先生などにもインタビューをした様子。すごいなぁ。出世だなぁカメントツ、、先生!

 

私もこれまで仕事の中で、書籍づくりやWeb記事のために、多くの漫画家さんや凄腕の漫画編集者さんにインタビューをしてきました。例えば、小池一夫先生とか、、

大物作家さんにインタビューをするときは、関連作品を沢山読んでいくなど準備します。そうして下調べをすると、だんだんそのこれからお会いする方への畏敬の念が積みあがっていき、小物の私などだいたい、つまらない質問しかできなくなってしまうのです。そんな怖気ずく自分の気持ちをなんとかするために、インタビュー内容を先に作って、関係ない人に見せて、もっと突っ込めるように自分を奮い立たせる打ち合わせをしたりしたものでした。

その深層心理には、長年マンガを第一線で描き続けるプロ中のプロに対して、自分がそこまでのことをして来たのか、何か引け目のようなものを感じてしまうんだと思います。

それを、それをトツくん、あなたという人は、思い切り過ぎです^^;

カメントツの漫画ならず道:「タッチ」の裏話マンガで話題 サンデーうぇぶりで1週間限定公開

そうか、それを聞くかーという質問が随所に見られます。怖いもの知らずか君は、、、いや、それがプロなのか!!すごく勇気が必要だったのだと思います。

とはいえ、作品の随所には、大物に言い過ぎてしまい、してしまったことを後で恐怖する著者の懊悩が随所に見られます。そうか、だから「地獄」なんだね。いや、お疲れ様です。御身大事に、これからも氏らしいマンガ道をひた走って欲しいものです。頑張ってください!!!


同じく4/12には、『カメントツのルポ漫画地獄』も発売!こちらは、ネットで1000万PVを誇るWEB漫画家カメントツ君の思い切りの良さが楽しめる作品がてんこ盛りです。

カメントツのルポ漫画地獄 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
作者:カメントツ
出版社:小学館
発売日:2017-04-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事