「彼女ができたら即打ち切り?!」つい、早く打ち切られてくれと願ってしまう、31歳童貞漫画家の実体験『僕に彼女が出来るまで』 読者の私は「早く終われ!」漫画家の私は「ずっと続いたほうがいいんじゃね」と思ってしまう漫画です。

こしの りょう2017年05月08日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

池袋の居酒屋で今日も2人で飲んでる。

漫画家アキオと会社員けんた。二人は同級生。

 

アキオ「やっぱさ、漫画は作者の心の叫びだよな。リビドーというか」

 

けんた「また、漫画の話かよ・・・それより向こうの席にいる女の子可愛くねぇ?」

 

アキオ「作者の体験が元になった生々しい感情表現がキモというか・・・」

 

けんた「あぁ・・あの唇、色っぽいなー」

 

アキオ「ネット漫画でエッセイマンガ多いんだけど、やっぱりそこがちゃんと描けてる漫画がバズってるというか・・・」

 

けんた「あ~もう、なんだ?今度ネット漫画でも描くんか?」

 

アキオ「ああ、考え中だよ、もうさ、ネットから連載とか単行本化とか普通だから」

 

けんた「ん、さっきから読んでるそれもか?」

 

アキオ「ああ」

僕に彼女が出来るまで 1 (ヤングジャンプコミックス)
作者:佐藤 ダイン
出版社:集英社
発売日:2017-04-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 アキオ「佐藤ダインさんがnoteってとこで描いてたんだけど、ふんわりジャンプで連載が決まってついに単行本化だ!」

 

けんた「どれどれ・・・へ!31歳童貞漫画家に彼女出来るまで?彼女出来たら即打ちり!?」

 

アキオ「そう、ドキュメンタリータッチで描かれててな、いいんだよ、これが・・・

たとえば普通の恋愛ものだと、ヒロインがまずでてくるだろ、そのヒロインをどう落とすかが漫画の本筋になるんだけど、この漫画はさ、街コンとか合コンでちょっといいなという女の子がでてきても、連絡先聞いただけで終わるとか、1回デートしただけで終わるとか・・・なかなか彼女の作れない男のよくある現実世界がそのまんま描かれてるわけ」

 

けんた「オマエ、ほんと、こういう漫画すきだよな」

 

アキオ「気に入った彼女に自分の漫画を見せるところとか・・・もうさ、感じわかるのよ、他に誇れるものなくてさ、漫画だけがアイデンティティだから読んでもらいたいわけ、でも、受け入れてもらえるか不安なわけよ、もうオレの真っ裸みてーみたいな気分だから・・・」

 

けんた「なるほど、そりゃーもてないオマエは共感するよな、痛いだろ?切ないだろ?んん?」

 

アキオ「ちっ!うるせーよ!」

 

けんた「しかし、体張ってるな、31歳童貞ばらして、彼女できたら打ち切りとか」

 

アキオ「そこだよ、やっぱり自分のコンプレックスをここまでさらけだしエンターテイメントに仕上げたからこそ編集者や読者の目にもとまったってことだ・・・だが今のオレに、ここまでさらけ出せるものがあるのかなぁ・・・ってな」

 

けんた「そんなの簡単じゃん、今から向こうの席にいる女の子口説いてこい、面白い漫画になるぞ!」

 

アキオ「まてよ、オレ嫁さんいるし・・・」

 

けんた「タイトル決まったぞ!オレに愛人できるまで!!売れるぞ!!売れる漫画描きたいんだろ?世の中の注目集めたいんだろ?漫画家の性に逆らっていい漫画かけるか?ここがオマエの体張るところじゃないのか?体張らないで漫画を描くなんて驕りじゃないのか?何が心の叫びだ!何がリビドーだ!ほら!行け!出せリビドー!!」

 

アキオ「・・・・・」

 

けんた「はは、しょせん、その程度の漫画家ってことだな、はっ!」

 

アキオ「!!!!!・・・・・・・・・・・・・・行ってくる!!」

 

けんた「・・・あーまじか、後はオレ知らね、帰ろ」

 

佐藤ダインさん、覚悟の力作

「僕に彼女が出来るまで」

青春のあのほろ苦さがよみがえります。

そして今の自分から一歩踏み出せるかもしれません。

単行本続きはふんわりジャンプで連載中!!まだまだ目が離なせません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事