【イベント】5/24『中国嫁日記』井上純一・堀江貴文対談「このマンガ、堀江ならネットでどう売るか?」

菊池 健2017年05月19日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 『中国嫁日記』は、ナイスキャラな井上さんの奥様「月さん」の魅力もあって、人気の作品です。同時にブログから火が付き、書籍化されるという、今ではメジャーとなった、「ネット人気UP→紙単行本販売」というルートの走りでもありました。

そのネットでマンガを売った第1人者であり、今も活躍を続ける井上純一さんと、ネットのカリスマ堀江貴文が、現在のネットサービスやこの作品を踏まえて、更にこの作品や井上純一さんご本人を売っていくにはどうしていけば良いかなどトークする予定です。

当日は、会場で無料にてイベントを見られる他、ネット放送などの予定もございます。

中国嫁日記 一
作者:井上 純一
出版社:エンターブレイン
発売日:2011-08-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

尚、このイベントは、6月から運営開始予定のマンガHONZサロン(仮称)の、サロン内イベント第0回イベントにもなります。

 

イベント概要

タイトル:『中国嫁日記』井上純一さん堀江貴文対談「このマンガ、堀江ならネットでどう売るか?」

主催:株式会社マンガ新聞社(マンガHONZ運営会社:メディドゥグループ)

日時: 2017年5月24日(水)15時〜16時30分

場所:会場 → 株式会社メディアドゥ ホール
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F 
 地図→ http://www.mediado.jp/about/about_access/ 

登壇:
漫画家 井上純一 
マンガHONZ 堀江貴文
ホリエモンチャンネル 寺田有希
進行 菊池健(マンガ新聞運営)

内容・時間:
14:30 開場
15:00 第1部 中国嫁日記顛末 → LINEライブ他放送予定
15:40 休憩10分
15:50 第2部 堀江ならどう売るか? → 通常後半は放送なし、第0回のみ後半も放送予定
16:30  トーク終了 メディアドゥ社買収後のマンガHONZについてとサロンのご紹介 
17:30 参加者交流会(簡単な茶菓をご用意させていただきます。)

参加対象:
漫画家、出版社の編集者・デジタル・ライツ・宣伝関連の方、ほか漫画関係者、マンガファン、マンガの為に何かをしたいと考えている方。登壇者に関心のある方

参加費:無料(第0回につき)

お申し込み方法:当Webサイトの、以下よりお申込み

↓↓↓ お申し込みは、こちら。 ↓↓↓

https://ws.formzu.net/fgen/S37364598/


ネット放送(予定):
◆生&有料 [AmebaFlesh、ニコ生、LINEライブ]
◆編集後に部分配信 [youtube(ホリエモンチャンネル)、amazon-audible]
https://www.youtube.com/user/takaponjp

 

 

 

 

 

 

 

 
↑写真:過去のマンガHONZイベントの様子
ホリエモン×鈴木みそ×うめ、電子書籍について大いに語る ―イベントレポート「春の電子書籍祭り with マンガHONZ」
同イベント、レポート記事はこちら。| ダ・ヴィンチニュース | → 
https://ddnavi.com/news/192935/

 

登壇者プロフィール

井上純弌/井上純一(いのうえ じゅんいち) 

イラストレーター・漫画家・ゲームデザイナー

玩具会社「銀十字社」代表取締役 代表作:スタンダードTRPGシリーズ(SRS)『アルシャードセイヴァー』、『エンゼルギア』、『天羅万象』他。最近は『中国嫁日記』のジンサン。

Twitter: @KEUMAYA

 

 

堀江貴文(ほりえ たかふみ):

株式会社SNS代表取締役、マンガHONZファウンダー

Twitter:  @takapon_jp

 

 

 

 
寺田有希(てらだゆき):

ベンチャー女優

 

 

 

 

 

マンガHONZサロン(仮称)とは

マンガHONZを運営するマンガ新聞が運営する予定の、マンガに関するオンラインサロンです。イベント開催日の5/24までに詳細な内容をお知らせする予定です。

 2017/05/16 公開

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事