94歳のおじいちゃんが幼女に見初められ、美女と旅をする!?『二度目の人生を異世界で』

マンガサロン『トリガー』2017年06月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
二度目の人生を異世界で 1 (MFC)
作者:安房さとる
出版社:KADOKAWA
発売日:2016-11-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

今回紹介する『二度目の人生を異世界で』は、「小説家になろう」発の「異世界転生」もの。その中でも、いわゆる「異世界転生チーレム無双」と呼ばれる、俺TSUEEEE&ハーレム要素も盛り込まれた純正タイプの作品です。原作小説は15巻まで刊行されています。


本作の主人公である功刀蓮弥(くぬぎれんや)は、94歳で大往生を遂げたおじいちゃん。彼の魂は、56億3千万人に一人という天文学的確率で特別なものでした(ちなみに、2017年現在までに存在した人間の数が100億人に満たないそうなので、人類史上でもほぼ一人か二人程度しか存在しない希少さとなります)。そのため、蓮弥は幼女の姿をした神に見初められ、異世界で二度目の人生を歩むことになります。ただ、神の意向により、蓮弥は知識などはそのままに18歳の頃の肉体と精神に若返った状態となっています。


蓮弥の転生先となるのが、エールドラと呼ばれる世界です。東西南北と中央の大陸からなり、それぞれの大陸は人、エルフ、獣人、龍人、魔族が主として住んで支配しているという構造。その各種族ごとに5人の「管理者」がいて、半ば彼らの暇つぶしのためにエールドラではそれぞれの種族が争いの渦中に放り込まれています。

管理者たちに権限を移譲してしまっているが故に、神ですら止めるのが難しい(強引に止めようとすると、世界の80%が沈没してしまう)という困った状況。そこで、蓮弥は神に管理者を説得するための時間稼ぎを頼まれます。

面白いのは、主人公が記憶を引き継いでいながらも元は94歳のおじいちゃんであり、特に積極的に転生は望んではいないが故に神に対しても毅然と反論し、アイアンクローや梅干しで攻撃する所。転生後も、元94歳ならではの精神性で立ち回って行くのが見所の一つです。


蓮弥は転生早々、森で暴漢たちに襲われている剣士見習いのシオン=ファム=ファタールと僧侶見習いのローナ=シュヴァリエに遭遇し、彼女たちとの旅が始まります。シオンやローナは可愛らしい外見で、かつローナの方は冒険者には似つかわしくない危険を誘発しそうな露出度の高い装い。そんな彼女たちが何やら抱えていそうな秘密の正体とは……? そして、原作にはない、ローナのセクシーな誘惑も……!


又、生前は剣の達人でありエールドラでもその特性を活かして闘う蓮弥。それに加えて、神から転生時にいくつもの特殊技能や能力を「神の恩恵」として得ています。正に、俺TSUEEEEの極み。そして、ゴブリン数十体を相手にした圧倒的に不利な戦闘においても不敵な笑みを浮かべながら楽しむように闘う蓮弥には、どこか闇も感じます。


果たして、蓮弥の真意とは?
そして、蓮弥が神に頼んで手に入れたある力とは?
管理者とはどのような存在なのか?
世界の趨勢は何処へ向かうのか?

様々な謎や、今後の展開への期待が読者を牽引していきます。

巻末には裏で起こっていた出来事を描いた書き下ろしのSSが付属している他、カバー裏にもおまけがありますので、見逃さず余さず楽しんで下さい。

二度目の人生を異世界で 2
作者:安房さとる
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-06-23
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 2巻が本日発売です!

 

文章:マンガサロン『トリガー』兎来栄寿

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事