クルマ&女子高生!百合、芋煮会、聖地巡礼…縦横無尽に疾走する『カーグラフィティJK』

マンガサロン『トリガー』2017年06月24日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カーグラフィティJK (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
作者:さきしまえのき
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日:2015-09-19
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

この文章を書いている時、佐藤琢磨選手がインディ500で優勝を決めたというニュースが飛び込んできました。若者の車離れが叫ばれる昨今ですが、一方でこういった快挙が生まれる土壌は無くならないで欲しいなと願います。

そんな若者と車との関係に一石を投じてくれる切っ掛けになるかもしれないのが、今回ご紹介する『カーグラフィティJK』です。そう、これは女子高生の日常系×車マンガなのです。

女子高生が車、と言ったら
「え、登場キャラは全員三年生なの?」
と思われるかもしれません。が、本作は「16歳で運転免許を取得できるようになってから5年が経った世界」のお話となっています。

ヒロインの瀬名美姫(ミキ)は高校に首席合格して新入生代表にも選ばれた優等生。しかし、車のせいで入学早々に事故に遭ってしまいます。学校にカムバックした時には部活動の見学期間も終わってしまっており、華々しい高校デビューの出鼻を挫かれた所から物語は始まります。

元々ミキはガチの車好き。ところがある事情により車には複雑な感情が渦巻いていたものの、同学年のリサの(非常に強引な)勧誘によって、友人のはるかと共に自動車部に入部することになります。

そうして、「車を楽しむ」という活動目的の自動車部での青春のメモリーが綴られて行きます。

今までの車マンガといえば、公道やレース場でバトルを繰り広げる作品が主流でしたが、本作は車に纏わる要素をふんだんに取り入れながらも女子高生を中心にした青春コメディをやるという、一風変わった構造となっています。


車に乗って、どこかへドライブする。素晴らしい景色を眺めて、美味しいものを食べる。そんな純粋な楽しさを謳歌する登場人物たちに、読んでいるこちらも感化され「ああ、どこかドライブに行きたいなあ」と思わされます。車にそこまで強い興味はないという方でも、その普遍的な楽しさには自然と共感できるでしょう。

車が好きな人は好きな人で、ミキの「アクセラならヒルローンチアシストが標準装備だったはず!」といった細かい知識や、シガーソケットの取り付けに四苦八苦するリサなどにうんうんと頷いたり、思わずニヤニヤしてしまったりすること請け合いです。メインで登場する車がまずシトロエン2CVということもあり、往年の名車好きは隅々まで楽しめるでしょう。それにしても、路上教習の坂道発進でマイバッハとロールスロイスに挟まれるとか、絶対になりたくない状況ですね!

2巻の免許合宿編では、新キャラも登場して免許取得時のあるあるが描かれて行きます。私も自然と自分の行った免許合宿所での日々を思い出させられました。地方の名産品を食べたり、オフの時間には観光を満喫したり、それは楽しい日々でした(ただ、最終試験までは非常に順調だったものの、最初のカーブにて後輪が一瞬縁石に乗り上げてしまい、開始10秒で不合格となってしまったという苦い思い出もありますが……)。ミキも、学科では優しい教官に当たったものの、実技講習ではツンケンした教官に当たり苦労します。しかし、そんな最初はキツいだけの人に見えた教官が、まさか最後にはあんなことに……。大好物です、こういう展開。

又、本作で特筆すべきはギャグの勢いです。0km/hから一瞬で300km/hに加速したかのような振り切り方が素晴らしく、思わず声を出して笑ってしまいます。2話のラストや、顧問の車の件など大好きです。そして11話「芋の鼓動は愛」は、サブタイトルや扉絵からふんだんにガンダムへのリスペクトを感じるエピソード。AT派とMT派に分かれて争う教習所を舞台に、決して争うことを止められない人類の業を感じさせながら、なぜか各地の芋煮のレシピも学べて笑えるという名作回になっており、必読です。

巻末のおまけでは、公式痛車で「セルフ聖地巡礼」に行った様子も実に楽しそうに描かれています。情熱を持って楽しく描かれていることが伝わってくる作品で、キャラも良く日常感も心地良い、お薦めの一作です。

文章:マンガサロン『トリガー』兎来栄寿

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事