【サロンイベント7/22】細野不二彦『バディドッグ』第①集発刊記念(7/28発売)「物語とAIの関係」

菊池 健2017年07月14日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『バディ ドック』作品紹介ページ: http://comic-soon.shogakukan.co.jp/blog/news/big-hosono-fujihiko-buddydog-preview-1/

*:本イベントは、マンガ新聞社が運営するオンラインサロン「ネットマンガ実践研究会」のサロン会員限定イベントです。

かつては『Gu-Guガンモ』や『さすがの猿飛』などの少年マンガを、その後は青年誌に舞台を移し『太郎』や『ギャラリーフェイク』、『電波の城』、『いちまつ捕物帳』などスポーツ、業界モノ、時代劇などを描き、多ジャンル多作の作家として知られる細野不二彦さん。6月より『さすがの猿飛G(グローバル)』、7月より『ギャラリーフェイク』の連載を再開した今、注目の漫画家の一人です。

 
今回は、「ビッグコミック」で連載中の人工知能をテーマとする最新作『バディドッグ』第①集の刊行を記念し、細野不二彦さん、AI専門家の三宅陽一郎さん、堀江貴文によるトークライブを行います。 
 

バディドッグ 1 (ビッグ コミックス)
作者:細野 不二彦
出版社:小学館
発売日:2017-07-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub
  
電波の城 1 (ビッグコミックス)
作者:細野 不二彦
出版社:小学館
発売日:2006-04-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

  

イベント概要 

タイトル:細野不二彦『バディドッグ』第①集発刊記念(7/28発売)「物語とAIの関係」

主催:株式会社マンガ新聞社(マンガHONZ運営会社:メディドゥグループ)

日時: 2017年7月22日(土)13:30〜16:00 (終了後サロン交流会あり)

場所:会場 → 株式会社メディアドゥ ホール
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F 
地図→ http://www.mediado.jp/about/about_access/ 

登壇:
漫画家 細野不二彦
AI専門家 三宅陽一郎 (デジタルゲーム学会理事 『人工知能のための哲学塾』など著者)
マンガHONZ 堀江貴文
進行 寺田有希(ホリエモンチャンネル)

内容・時間:
13:00 開場
13:30 第1部 細野・堀江・三宅・寺田トーク 「物語とAIの関係」(ネット放送あり)
14:15 第2部 細野・堀江トーク フリートーク (ネット放送なし)
15:00 トーク終了 サロン交流会(簡単な茶菓をご用意させていただきます。) 
16:00 交流会終了

参加対象:
「ネットマンガ実践研究会」サロンメンバー

参加方法:
「ネットマンガ実践研究会」サロンに入会し、イベントにお申し込みください。

サロンの詳細と入会方法:
「ネットマンガ実践研究会」のご案内はこちら
https://lounge.dmm.com/detail/448/

*:今回のイベントに合わせて参加していただければ、イベントには参加可能です。
オンラインサロン参加後に、サロンのfacebookグループ内から、イベントの参加をお申し込みください。

ネット放送:
ホリエモンチャンネル(Ameba)放送URL
有料:【細野不二彦×三宅陽一郎×堀江貴文】AIマンガ編〜居酒屋ホリエモンチャンネル〜
https://freshlive.tv/horiemon/135511
 

これまでイベント

第0回イベント:前回イベントの動画アーカイブなどはこちら↓
5/24『中国嫁日記』井上純一・堀江貴文対談「このマンガ、堀江ならネットでどう売るか?」
〜居酒屋ホリエモンチャンネル〜
https://www.youtube.com/watch?v=ZjbZt0pfdok

第1回イベント:
7/3『左ききのエレン』かっぴー・佐渡島庸平・集英社浅田貴典トーク「ネットマンガに必要なことといらないこと」
http://honz.jp/articles/-/44116
 

登壇者 三宅陽一郎さんの著書

人工知能のための哲学塾
作者:三宅 陽一郎
出版社:ビー・エヌ・エヌ新社
発売日:2016-08-11
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 記事公開日:2017/06/27

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事