なろう原作の真髄、異世界系俺TSUEEEE!のテンプレを履修したければこれ!『異世界チート魔術師』

マンガサロン『トリガー』2017年08月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
異世界チート魔術師 (1) (角川コミックス・エース)
作者:鈴羅木 かりん
出版社:KADOKAWA
発売日:2017-06-26
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

異世界ブームはまだまだ収まる所を知りません。
現在も多種多様な異世界テーマの作品が誕生し、様々なメディアミックスをされて人気を博しています。

そして、昨今数多くの異世界モノを排出してきたのはご存知、「なろう」こと小説投稿サイト「小説家になろう」です。今回紹介する1冊もまた、「なろう」発作品の一つ。

『異世界チート魔術師』(「魔術師」と書いて「マジシャン」と読みます)!
タイトルがもうそのものズバリ。俺TSUEEEE系異世界モノの王道、ド真ん中ストレートを行く作品です。

主人公の西村太一(にしむら たいち)は、ごく普通の高校生。
運動神経がとても良く、勉強もそこそこでき、そして友達もそれなりにいるものの、帰宅部のままでいるという少年。本当はできる力を持っているけれど、普段はあえてその力を誇示しない……。一昔前なら、運動も勉強もイマイチで友達もそんなにいない、という主人公像が常套ですが、この設定に時代性が表れているように思います。

そんなデキる主人公である太一は、彼に密かな想いを抱いている美少女・吾妻凛(あづま りん)と共に、突然異世界に飛ばされてしまいます。
ここから、二人の異世界でのサバイバルが始まるのです。

最初こそ彼らは無力。いきなり遭遇した怪物に襲われて、見知らぬ冒険者たちに助けられます。そして、たどり着いた冒険者ギルドでの魔力適性検査で、二人の驚くべき資質が判明します。

 まずは凛。宮廷魔術師でも火・風・土・水どれか一つの属性だけに魔力適正を持っているのが普通のこの世界で、彼女は何と四つの属性全てに適正を持つ四大魔術師(クアッドマジシャン)の素質があるとわかります。エルフ族の超一流の魔術師ミューラが魔力量30500、魔力強度3800。凜の魔力量は37000(約1.2倍)、魔力強度は5000(約1.3倍)を超える、凄まじいポテンシャルです。

 太一に至っては、それよりも更に類稀な魔導師(ユニークマジシャン)の素質があると判明。魔力量は120000(ミューラの約4倍)、魔力強度は40000(ミューラの約10倍)という桁違いの能力です。ミューラの師であり、世界屈指の魔術師であるレミーアをも凌駕するというその力は、国家を相手にしても戦えるとまで評されます。

凄まじい才能を持つ二人が良い師に巡り合い、適切な修行を積んでもらった結果、世界で比肩するものはほぼいない異次元レベルの強さを持つコンビとなります。その後は、もうスーパー俺TSUEEEEカタルシスタイムです。どんな敵が現れようと、太一たちが負ける姿を思い描けません。正に、無双。RPGでとにかく圧倒的にレベルを上げて、鍛え上げた力で敵を思うようにあしらう時に快感を覚えるタイプの人にとってはたまらないでしょう。

そして、太一と凛が忘れてはならないこと。この世界のどこかには2人を元の世界から召喚した魔術師がいるはず――なので、その人物を探して元の世界へ帰る方法を探す旅へと物語は進んでいきます。

果たして、二人は元の世界に帰れるのか。凛の抱く太一への想いの行方は。

最近では異世界モノがどんどんと世に放たれ、様々な独特な設定を用いたり色々な要素を掛け合わせることで特色を出している作品が多くあります。そうした中で、『異世界チート魔術師』は、驚くほど衒いも捻りもなく真っ直ぐで、返って新鮮味さえ感じるかもしれません。

「異世界系の作品が流行っているみたいだから何か読んでみたいけど、どれを読めば良いだろう?」という方は、とりあえず本作から手に取ってみるのはいかがでしょうか。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事