友情・努力・勝利してるのはジャンプだけじゃない!本格女子サッカーマンガが今熱い!!『さよなら私のクラマー』

KOTONO2017年09月02日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 熱い戦いを繰り広げた夏の高校野球!
たくさんの感動を与えてくれた世界陸上!

勝ち負けだけでなく、彼らの友情だったりとか
家族の支えだったりとか、そういった背景も含めて
一生懸命頑張っている姿というのは私を勇気付けてくれます。

そんなスポーツ好きの私に友人が勧めてくれたこの作品がこちら。

さよなら私のクラマー(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2016-08-17
  • Amazon

累計400万部を突破した『四月は君の嘘』の著者・新川直司さんの最新作、
『さよなら私のクラマー』です。

クラマーとは「日本サッカーの父」と呼ばれるドイツのデットマール・クラマーから
きているのではないかと推測されます。

もともとは『さよならフットボール』(全2巻)があり、
女子サッカーチームのない地域に住む中学生の恩田希
部活で男子と混ざり互角に戦えるのに、女子というだけで公式戦に出してもらえず
どうにか公式戦に出れないか奮闘する姿が描かたサッカーマンガです。

新装版 さよならフットボール(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2014-10-17
  • Amazon
私も学生時代は吹奏楽部に入りつつ、休日はサッカークラブに所属していました。
当時第1次女子サッカーブームで澤穂希選手を筆頭にもじゃもじゃ頭がトレードマークの荒川恵理子選手が人気でした。
小学3年生だった当時は、話題にはなったものの競技人口はそれほど多くなく
男子と練習する日々…

確かに小学生の間はそれほど体格差もなく、むしろ私は身長が高い方だったので
男子とやっても活躍できたのですが、年頃の女の子だし、
やはり年数を重ねるごとに男子と練習するのは嫌だなと思うこともありました。
なによりコーチが怖かった!!

何とか友達に声をかけて女子チームを作りましたが
11人は集まらず、市内での女子サッカー大会は8人制でした。
私の住んでる市は女子サッカーが盛んな方で、5チームくらいあったと思います。

普通は市内大会を勝ち上がったところが県大会へ進むと思うのですが、
市内大会に優勝しても11人いないチームがほとんどだったので県大会は合同チームで出場していました。当時はどこの市もそんな感じだったと思います。

 中学に進学して部活も見学しましたが、やはり公式戦には出れないとのことだったので
私は女子サッカークラブチームで続けることを選びました。

2006年3月には中学生大会やユース大会では女子も公式戦に参加できるよう改正され
女子サッカーへの門が開けたことから現在のなでしこブームがあるのだと私は思います。

恩田希は誰よりも練習に明け暮れ、チームからも一目置かれる存在ではあるものの
公式戦には出れません…
ヘタクソだった幼馴染との対戦が決まり、ますます試合に出たい希の必死さは
応援せずにはいられません!!

そんな『さよならフットボール』の続編といわれているのが『さよなら私のクラマー』です。

主人公は変わり、中学女子サッカー全国3位にまで昇りつめた話題の中学生曽志崎緑
その曽志崎の中学に阻まれ続けた周防すみれ
才能はあるのにその才能に周りがついてこず埋もれるすみれがこれからのサッカー人生をかけて一緒の高校に進学しようと説得することから物語ははじまります。

緑は強豪校に誘われるも、すみれの意思で蕨青南高校、通称”ワラビーズ”に進学することに。
監督はやる気ないし初心者もいるし、あげくの果てに3年生は0人…

しかし有名元女子サッカー選手の能見奈緒子をコーチに迎え、新体制を整えようとしていました。

ここに『さよならフットボール』で主人公だった恩田希なども入部し実質高校編がスタートするわけです。

そもそも希は女子サッカーをなめてました。だから眼中になかった。
しかし女子サッカーにも強豪校はあり、自分よりもうまい選手がたくさんいることを知ります。
サッカーバカの希にとってはワクワクが止まりません!!

弱小チームからのスタートですが、彼女たちの成長、絆から目が離せません。
そしてなんといってもゲームシーン臨場感!
静止画なのに動いているかのようなスピード感でどんどんページをめくりたくなる!
私もあんなドリブルがしたかった!!

個性豊かな選手たちと、女子サッカーの現状をうまくとらえた本作品。

現在も女子サッカー選手たちの現状は厳しく、
プロだからと言ってJリーグ選手のように給料はよくないし、
練習環境も整っているとはまだ言えないのが事実です。

そんな問題点を取り上げつつも、
やはり一生懸命スポーツに取り組むことの楽しさを伝えたいというのが新川先生の思いがよくわかる愛情のある作品です。

臨場感あるゲームシーンをぜひご覧ください!!

新装版 さよならフットボール(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2014-10-17
  • Amazon
新装版 さよならフットボール(2)<完> (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2014-10-17
  • Amazon
さよなら私のクラマー(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2016-08-17
  • Amazon
さよなら私のクラマー(2) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2017-01-17
  • Amazon
さよなら私のクラマー(3) (講談社コミックス月刊マガジン)
作者:新川 直司
出版社:講談社
発売日:2017-06-16
  • Amazon
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事