「今日やらせる奴だけここに残れ」本音オンリーの合コンを実施するとどうなるかわかる漫画『ラブラブエイリアン』が鬼ゲスい 女性専用アパートにやってきた宇宙人がゲスな人間の本性を暴く

荒井 健太郎2017年08月26日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここで突然だが、最近の売れ筋マンガを見てみよう。Amazonのコミックランキングを見ていると、『キングダム』のような王道系マンガと『からかい上手の高木さん』のようなラブコメ系のマンガが切磋琢磨している。どの漫画もマンガHONZ読者なら一度は聞いたことがある作品だろう。

(Amazon.co.jp より引用)

いわゆる有名作品がランキングに並んでいるが、ここにぜひとも入れたい漫画が今回紹介する『ラブラブエイリアン』だ。

ラブラブエイリアン(1) (ニチブンコミックス)
作者:岡村 星
出版社:日本文芸社
発売日:2013-11-28

タイトルからすると、宇宙人の美少女がきて、主人口のラッキスケベ力で蛇口に見えてはいけないものが見えそうなものだが、そんなラッキースケベな世界では全くない。これが大人の『To LOVEる -とらぶる-』だ。

ちなみに登場する宇宙人はこちら

 

身体がバラバラになったりするようなグロ漫画や露骨なエロ描写が多いマンガが流行るなか、リアルに近い人間のゲスさを独自の視点から描いているこの漫画が読んで面白くないはずがあろうか。日常の風景の中にある、何気ない疑問やもどかしさを宇宙人目線でみるとどうなるのかという作者の思考実験であり、その結果が漫画の中身であり、大変面白い。

例えば、合コンというハイコンテクストな場では心中様々なことを男女とも考えているだろう。もし、そんな本音をみんなが正直に伝えたらどうなるのか?宇宙人の本音ビームが炸裂する。


「今日やらせる奴だけここに残れ」

という第一声から、他にも様々な思惑が各人からダダ漏れになる。そんなカオスの中で落ちはどこになるのか。他にも、仕事がなく彼女の家に居候しながら彼女に手をあげるダメ男が突如ネパールに飛ばされたら5年でどうなるのか。など、とんでも実験が目白押しだ。

また、実験だけでなく、登場人物たちの発言がとにかくゲスい。というかなんか汚い。ほんと目も当てられない。妊娠の話や過去担当した事件の話など、毎度ぶっちゃけ過ぎていて逆に清々しさすら感じ取れてくる。

結論という結論はないのだが、毎回女性陣の会話に宇宙人がツッコミつつ、宇宙人がたまにボケるテンポで漫画が進んでいく。こういうなんか人間臭い漫画がもっと読まれるといいのになと思います。

そんなラブラブエイリアンはマンガトリガーで無料で読むことができますので、一度読んでみてください!!

DLはコチラ!! 

(画像: (C)岡村星/日本文芸社)

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事