ネトラレも愛。だから勃起を常識で押さえつけるな!『ネトラセラレ』

佐伯 英毅2017年08月29日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェチとか性癖って、なんだろうか。
興奮する対象が、人によって違うというのは、
考えてみれば不思議な話である。

動物と人間が違う点は色々述べられるが、
人間の方が、エロスを感じるポイントの範囲が広く深く繊細、
という点は大きく違うだろう。

性的フェチズム、いわゆる「性癖」には、
それを形作る「因子」があると思っている。
自分の体験や、偶然出会った作品など、
自分が受けた性的刺激によって、性癖が出来上がる。
ミミガーを食べたことのない人間は、
ミミガーを超好きになることはないように、
各人の人生への性的な刺激の作用の結果が性癖であり、個性が表れる。

今日は、「寝取られ」に興奮する男の漫画を紹介する。

ネトラセラレ(1) (バンブーコミックス COLORFULセレクト)
作者:色白好
出版社:竹書房
発売日:2014-07-26
  • Amazon Kindle

 『ネトラセラレ』は、タイトル通り「寝取られもの」である。

「寝取られ」とは、自分の恋人や妻が、
自分以外の男性とセックスする事実に、
興奮を覚えるという嗜好である。


導入で印象的な、主人公・夫である秀ちゃん、と
その妻・春香の会話を読んで頂きたい。

「一つだけっ 一つだけ春香に頼みたい…このとおりだ………
他の男と寝てほしいんだ」

「じゃないともう僕はセックスできない」
「………どうして?」
「ど…どうしてって… 
「もうずっと前からそうだったんだ…
春香が他の男としてるのを想像しないと勃たない…」
「………秀ちゃん私のこともう…」
「春香のことは好きだよ!!
他の誰でもないっ
春香じゃないと駄目なんだ!!! 」
「……そんなの変だよ
普通じゃない」
「それは春香の普通だろ…」
「…えっ?」
「僕には多分無理なんだ
普通に愛し合って…
普通に子供を授かって…
でも精一杯応えてきたつもりだよ…
なのに春香は…
僕の普通は拒絶して…
全然考えてもくれないんだ…」

この「普通」というのは『ネトラセラレ』のキーワードである。
秀ちゃんと春香の「普通」は、ネットで秀ちゃんが見つけてきた男と、春香がセックスしてから、形を変えていく…。「寝取らせられ」ていくシーンは、過激で見たことのないシーンが続く。

秀ちゃんはホテルの音を盗聴しており、妻が身体の悦びに耐えきれず喘ぎ叫ぶ声と、腰と腰がぶつかり合う音を喫茶店のテラス席で聞き、その後駆けつけて、夫婦で「やらしい…他の男の臭いがする」と言いながらセックスするシーンがあったり、

「子作りのためとか
お義父さんの願いだからとか
男として春香を満足させたいからとか………
そうじゃなかった
僕は今満たされている」
と、とっても満足げに、ネットで探してきたチャラ男と接合したままの妻の下腹
部に、顔をうずめながら安らかに目を閉じるシーンがあったり。


極め付けは、貞淑で真面目だった妻は「寝取らせられ」て少しずつ変わっていき、学生時代に好きだった「高倉先輩」としたいと言い出す。

高倉先輩が家に来る日、秀ちゃんは仕事を抜け出して家に忍び込み、盗撮用にカメラを設置する。そこに映されたのは…
皆まで書かないが、とにかくこの漫画、3巻しかないのに、ヒリヒリしてたまらなくなるシーンが多いのである。(興奮するのは僕がネトラレ気質があるからかもしれない。)

また、3巻では、
自分を寝取らせて傷つきながらも興奮する夫に、
春香は嗜虐心が芽生えてしまい…
「どうしたら秀ちゃんに満足してもらえるか…ずっと考えてたの…あのね…」
と、トンデモない提案をするようになる。


もう1巻のときの春香とは別人のようになっており、完全に予想外の提案なので
、ここには多くの読者が驚かされるシーンだと思う。

秀ちゃんと春香の「普通」は、
欲望を丸裸にして、欲望に忠実になっていき、
試行錯誤を繰り返すことで変わっていった。

大勢の「普通」の「愛」が「幸せ」が空気を支配しているが、
「普通」「愛」「幸せ」、どれも本来正解はない。


『ネトラセラレ』の二人が育んでいるものは紛れもなく愛だし、
混沌としているが、それは明確に区分されなくてもいいものだ。

僕が凄く好きなサンボマスターの傑作、
『愛とは愛とは』という曲にはこんなフレーズがある。

愛とは愛とは 悲しみにくれることじゃないよ
愛とは愛とは 喜ぶだけのものでもないよ
それで人が苦しみ出して それでミサイルは飛び交って
それで新しい命が生まれるもの


愛の形は1つじゃない。
自分が思っている愛の形は、正解じゃないし、
二人(もしくは複数人、人ともの、人と…etc)の数だけ、愛の形がある。

絵も死ぬほどエロくて最高だが、
読み進めていくうちに、
愛についても考えさせられてしまう、
ねっとりした残暑にぴったりな、最高な漫画である。 

 

ネトラセラレ(1) (バンブーコミックス COLORFULセレクト)
作者:色白好
出版社:竹書房
発売日:2014-07-26
  • Amazon Kindle
   
ネトラセラレ 2 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
作者:色白好
出版社:竹書房
発売日:2015-07-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

ネトラセラレ 3 完結 (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)
作者:色白好
出版社:竹書房
発売日:2016-07-27
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事