『海の地政学』元NATOの「天才」が戦略提言&回顧録

成毛 眞2017年10月04日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海の地政学──海軍提督が語る歴史と戦略
作者:ジェイムズ スタヴリディス 翻訳:北川 知子
出版社:早川書房
発売日:2017-09-07
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

著者は「米海軍きっての天才」といわれてきた元NATO欧州連合軍最高司令官だ。トランプ大統領とは正反対にグローバル化を擁護する立場で、TPPを支持し、移民を受け入れ、中国とは軍事的手段を必要としない文化的交流を発展させるべきだと説く。

日本をアメリカにとって最重要な同盟国と位置付け、民主主義国である日本、米国、EUが世界に冷戦なき新しい秩序を創るべきだと訴える。

昨年の大統領選挙でヒラリー・クリントンが勝利していたら、外交の専門家としてホワイトハウス入りは確実だといわれていた。

原書のタイトルは『シー・パワー』。まさに海の地政学なのだが、たんなる軍事外交専門書に留まってはいない。「七つの海」の戦史や現状分析、軍人としての海での経験や、船乗りとしての海への愛情が、ときに一編の詩のように語られ、海好き、歴史好きの読者にもたまらない。

どの章においても、若きころの士官候補生として、また熟成した司令官として赴いた世界中の海での体験談をきっかけに、時空を駆け巡るがごとく古代から現代までの歴史を俯瞰する。

ときに小説や映画を引き合いに出し、読者は著者とともに世界中をクルージングしているイメージを持つかもしれない。戦略提言の書であり、最高の頭脳を持つ提督の回顧録でもある。それと同時に秋の夜長に向けたすばらしい読み物でもある。

各章末に「アメリカが果たすべき役割」という、箇条書きのまとめが付く。それはけっしてアメリカ人にとってだけ意味があるものではない。日本人からみても納得できるもので、ものごとを地球規模で考えるきっかけになるよきテキストになっている。視野を広げるためにも読んでおきたい本だ。

※産経新聞書評倶楽部より転載

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら

人気記事