子育て奮闘劇×簡単レシピで心もお腹も満たされる『パパと親父のウチご飯』お父さん方必見!育児は女の仕事じゃないっ!

KOTONO2017年10月12日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イクメン…育児に積極手に参加する男性のこと

そんな言葉が使われるようになって早7~8年になります。
当時女性が育児休暇を取ることもまだ浸透してはいませんでしたが、
男性が育児休暇を申請する率は1.23%と極めて低いことを改善すべく
厚生労働省が男性の育児休暇も推進するために用いたのが始まりです。

「育児をする男性はかっこいい!」「素敵な旦那さん」などと
メディアもはやし立て、「ベストファーザー賞」も注目されるようになりました。

育児に協力的な旦那さん、とっても素敵です!
しかしTwitterでこんなやり取りを見つけました。


外国人「イクメンって何?」
日本人「育児をする(手伝う)男の人だよ。」
外国人「?【father】じゃないの?」
日本人「・・・」

いや、ほんとそうですよね!
父親なんだから、自分の子供なんだから育てるのあたりまえなんですよ!
外で仕事して稼いでくれるのも大いにありがたいですけどね、
それじゃ自らATMですっていってるようなもんじゃないですか!!

育児は女の仕事ではない!

と、独身の私が偉そうに言えることではないんですが…(笑)

シングルマザーの大変さは色々なところで取り上げあられるようになりましたよね。
働きはじめるために保育園に入れたいけど、現在すでに働いている人が優先で、
全然仕事も探しに行けないという悪循環…

シングルマザーがいるということは、もちろんシングルファーザーもいるわけですよね!?
勝手な想像ですけどやっぱり男性が一人で子供を育てる、
ましてや娘だったらシングルマザーよりも大変そう。
お母さんはお腹を痛めて生んだし、そもそも10ヵ月もお腹にいたんだから
気持ちが通じ合うことがあるって聞くけど、男性はその分子供との距離を縮めるには
生活を共にしていくしかないんですよね。

だけど仕事もしなきゃいけないから一緒に過ごせる時間も限られているし、
家事も覚えなきゃいけなかったりして、想像しただけでも応援したくなります。

今回ご紹介するのは『パパと親父のウチご飯』

パパと親父のウチご飯 1 (BUNCH COMICS)
作者:豊田 悠
出版社:新潮社
発売日:2014-12-09
  • Amazon Kindle

 元カノに娘を預けられた千石と、離婚後息子を引き取った晴海は
シングルファーザー同志ルームシェアすることに。
最初に言っておきますが、BL漫画ではないゾっ!!

 

整体師の千石が主に家事育児に励み、漫画編集者の晴海が家賃などをまかなっている。

ヤンキーあがりの千石は顔は怖いし口も悪いが、
子供たちにおいしいご飯と清潔な家庭環境を提供すべく、日々奮闘している。

好き嫌いの多い幼児二人がどうやったらモリモリご飯を食べてくれるのか、
「こんなの違う!ママのごはんじゃない!」と言われカチンとしながらも
子供たちのために料理教室に通ったりするところにきゅんと来る‼

優しすぎ&口下手すぎで肝心な時相手に自分の本当の気持ちが伝わらない晴海は
思ったことをズバズバいえる千石に感化されながら、息子清一郎との距離を縮めていく。

未熟なパパと親父が子供たちと一緒に成長し、変だけど楽しい家族をめざす。

そしてこの漫画の見どころは【ウチレシピ】
作中でも作り方がわかりやすく乗っているし、
なにより初めての人でも簡単に作れる内容なのでありがたい!
巻末にはそれぞれのレシピが掲載されプチ料理本としても使える。

最近いろいろな料理漫画がでてきていて見ているだけでお腹がすいてくるが
実際に作って再現できそうなものがなかなかない。。。
料理初心者にもこれなら挑戦できるかもと思わせてくれる内容が毎回紹介されているので
一人暮らしの男性にもぜひおすすめしたい!!

さて、今日の晩御飯はなににしようかな?

パパと親父のウチご飯 1-7巻セット
作者:
出版社:
発売日:
  • Amazon
パパと親父のウチ呑み 1 (BUNCH COMICS)
作者:豊田悠
出版社:新潮社
発売日:2017-04-08
  • Amazon
記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事