「きみに出会えてほんとうによかった・・・」かつてペットを飼っていた人に送る、大切な記憶を思い出させてくれるあたたかい短編集『実話コミック 愛しの冒険猫ミミ 動物たちへの心ゆさぶる想い』

岡田 篤宜2017年10月23日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

実話コミック 愛しの冒険猫ミミ  動物たちへの心ゆさぶる想い
作者:芳賀 由香
出版社:ユサブル
発売日:2017-07-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

こんにちは。
外もだいぶ涼しくなってきましたね。
夏が終わってすっかり秋といったところでしょうか。
季節の変わり目は風邪をひきやすくなるので、寝るときは部屋を暖かくしておきたいところです。

さて、今回ご紹介するマンガは、かつてペットを飼っていた人ならば共感せざるを得ないマンガでしょう。
大切な思い出を呼び起こしてくれる、切なくて、でもとてもほっこりできるマンガです。

簡単なあらすじをご説明してから、紹介に入りたいと思います。

私が生まれたとき、生後数ヶ月の赤ちゃん猫だった“ミミ"。
それからずっと姉妹のようにいっしょに暮らし、転勤族だった父のおかげで、
なんとあなたは世界の六大陸のうち、四大陸を制覇した世にも稀な冒険猫になったね。
そして、私の大事な人生の岐路で勇気と励ましを与えてくれたのだけど―――?
世界を股にかけたかけがえのない愛猫ミミへの尽きせぬ想いを綴った表題作他、
『動物感謝の手紙コンテスト』に全国から寄せられた応募作の中から、胸を打つ秀作8編を心をこめてコミック化!
他に、さすらいのブサ猫への熱い思い入れをしみじみ描く『ずんへ』、
人生のパートナー猫とのほのぼのライフを描く『相棒クッキーへ』、
いつも心の支えになってくれた友猫への深き思慕を描く『ミーちゃんへ』等、
今大人気の猫エピソードをはじめ、ポメラニアンの『がくちゃんへ』、ミニチュアダックスの『ごんちゃんへ』、
文鳥の『ピピへ』等々、可愛さとせつない愛情に満ち満ちた、
人と動物の本当にあった感動ドラマ満載で贈ります! !

 

キミとすごした時間は、一生のたからもの

 

ところで、あらためてお聞きしたいのですが、あなたはペットを飼ったことはありますか?

ない、という方はぜひペットを飼うことを想像しながら読んでいただきたいです。

イヌ、ネコ、カメやひよこ、インコにハムスターに熱帯魚、カブトムシやクワガタムシなど、人によってはいろんな動物たちと暮らしていたことがあると思います。

ぼくも、かつてイヌを飼っていました。
名前はクッキーと言います。茶色の毛をした芝犬です。小学2年生の時に自分の誕生日プレゼントとして、親にねだって知り合いのブリーダーの人からもらいました。
そこから15年間、亡くなるまでずっと一緒でした。

思い返すと色んな出来事が頭の中をかけ巡ります。大変なこともあったけど、今となっては大切な思い出です。自分の人生に欠かせない存在であると思います。

今回ご紹介するマンガも、飼い主とペットとの出会いや別れが描かれています。
このマンガは短編集なので、その中の一話を特別にご紹介します。

 

小さいけどとっても元気でパワフル。
散歩が大好きで、飼い主のキリコさんにいつも連れてってほしいとおねだりします。
そしてそれは、キリコさんが高校受験で志望校に受からず、落ち込んで帰ってきたときも同じでした。

 

いやなことがあったり、モヤモヤするときこそ、こういう強引な感じが手助けしてくれることもありますよね。
ぼくも、考えたいことがあるときや、逆に何も考えたくないときは、クッキーを連れて地元をよく散歩しました。そうすると、自然と心が落ち着いていくのです。家にいて塞ぎこもりそうな時に、外に連れ出してくれる口実をもらっていたんだなと、今あらためて思い返すのです。

そして時が流れて、キリコさんも大人になります。高校、大学、社会人を経て結婚し、家を出たのです。
ただ、その後うまくいかず、離婚して実家に帰省します。そこで、がくちゃんと再会するのです。

 

年取って目も見えなくなり、満足に歩くこともできなくなったがくちゃん。
その姿にキリコさんはショックを受けます。

夜になって、もっとうまくやれたんじゃないかなと、自分の人生を振り返るキリコさんですが、がくちゃんに触れて、スヤスヤと寝ている顔を見ることで、自然と心が和らいでいくのです。

 

ぼくも、この話を読んで、クッキーとの思い出を思い出しました。受験で苦しかった時、学生生活でクラスになじめなくて悩んでいた時、祖母が亡くなってつらかった時など、変わらない姿にとても励まされました。

亡くなった今なお、クッキーはぼくの中で生きています。変わらない姿で、走って、跳んで、元気に遊んでいます。そしてその姿を見て、ぼくは元気をもらうのです。

 

ペットを飼うこと

 

ペットを飼うことは簡単なことではありません。命を扱う以上、責任を伴いますし、嫌なことがあっても逃れることはできません。

ただ、これは自分の経験からなのですが、ペットがいたからこそ元気をもらい、人生をより豊かにすることができました。おそらくキリコさんもそうだと思います。

どんなに遠く離れていても、心はずっと繋がっている。いつでも自分を励ましてくれている。そのことが、ぼくに勇気をくれるのです。

ペットを飼うことで自分の人生が豊かになっていたことをあらためて実感させてくれるマンガでした。かつてペットを飼っていた人に、このマンガを薦めます。ぜひこれを読むことで、ペットとの大切な思い出を呼び起こしてみてください。
その思い出が、あなたの心をきっと励ましてくれるでしょう。

そして、きっとこう思うのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

キミと出会えてほんとうによかった・・・

 

ありがとう・・・ずっと大好き。

 

 

 

 

実話コミック 愛しの冒険猫ミミ  動物たちへの心ゆさぶる想い
作者:芳賀 由香
出版社:ユサブル
発売日:2017-07-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

 

 (画像はすべて『実話コミック 愛しの冒険猫ミミ 動物たちへの心ゆさぶる想い』から引用。出版元の株式会社ユサブル様より掲載許可を頂いております。)

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事