今週のいただきもの:2018年2月11日週

仲尾 夏樹2018年02月17日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいそうな鯛が手に入ったので、塩釜焼きにして食べました。塩釜焼きは、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に、玄界灘で獲れた母への贈り物の鯛を、腐らないように塩で包んだことが始まりと言われています。

作り方は、魚の内臓部分に長ねぎ(青い部分)と生姜を詰め、塩味のメレンゲ(卵白4個:塩1/2カップ)で包み、200℃のオーブンで25~35分焼くだけです。出汁を取った昆布があれば、魚とメレンゲの間に入れると、美味しくなります。詰め物をにんにく、ローズマリーにすると洋風に。とっても簡単ですが、見栄えのする料理なので、ぜひ作ってみてください。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事