今週のいただきもの:2018年10月28日週

仲尾 夏樹2018年11月03日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、メバルが半額で売っていたので、思わず買ってしまいました。メバルの名前の由来は、大きな目が張り出していることから、「眼張」となったそうです。また、早春の海釣りの代表的な魚であり、「目春」や「春告魚」とも言います。メバル属の魚は種類が多く、今の時期はアカメバル、クロメバル、シロメバルが旬です。先日のメバルは煮付けにしたので、そのレシピをご紹介しましょう。魚は捌くのが億劫だという方は、買う時に下処理(内臓や鱗を取る、3枚に下ろすなど)をしてもらうといいですよ。

鍋に出汁※(150ml)、醤油(大さじ3)、みりん(大さじ3)、酒(100ml)を入れ、一度煮立たせます。この時に味見をしてみて、調整しましょう。いったん火を止め、皮をむいて千切りにした生姜とメバルを入れ、再び火にかけます。煮立ったら、弱火にし、アルミホイルなどで落し蓋をします。煮汁が半量くらいになるまで煮たら、出来上がりです。

※買い物へ行く前に、水と昆布を鍋に入れておくとちょうどいいですね。もちろん顆粒出汁でもいいです。でも、昆布と水を火にかけ、沸騰直前で昆布を取り出し、火を消して鰹節を2掴み入れるだけで美味しい出汁が取れます。ザルにキッチンペーパーを敷いて、鰹節を漉してください。和食メニューの時に出汁は、お味噌汁や煮物など何かと使うので、多めに作ってどんどん使いましょう。

それでは今週献本いただいた新刊本のご紹介です。版元のみなさま、毎度ありがとうございます!

月
辺見 庸
 

 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事