著者インタビュー

『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』は、ここまでの作家人生の、一つのピリオドとなる作品になりました。

著者・大崎善生インタビュー

角川書店 書籍編集部
角川書店 書籍編集部2016年12月13日

ログイン

こちらのコンテンツをご利用いただくためには、会員登録(無料)をお願いいたします。
また cookie を有効にしていただく必要があります。

2014年3月26日以降にHONZ会員になられた方、もしくは既にパスワード登録をされている方

メールアドレスとパスワードを入力してログインをお願いします。

HONZ会員ではない方、HONZ会員であってもパスワード登録をされていない方