青木薫のサイエンス通信青木薫のサイエンス通信

1 2
  • フェアプレーってなんだろう――スポーツ科学の現在

    フェアプレーってなんだろう――スポーツ科学の現在

    『ニューヨーカー』誌の9月9日号に、エリート・アスリート、つまりは並の人ではなく、人間の能力の極限に挑戦する運動選手を通して見るスポーツ科学の現在、といったなかなか興味深い記事が載っていました。その分野の関連書籍をいくつかまとめて紹介しなが……more

  • 混迷するライム病論争

    混迷するライム病論争

    近年、日本でもマダニ媒介感染症が急速に認知されるようになってきました。たとえば、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、2011年にウィルスが特定された病気ですが、今年1月に、日本国内で初めて患者が確認された後、これまでに患者三十九人見つか……more

  • アルツハイマー先制治療――あなたならどうする。

    アルツハイマー先制治療――あなたならどうする。

    『ニューヨーカー』誌で、メディカル&生物学分野のスタッフライターを務めている、ハーバード大学医学部教授のジェローム・グループマンが、アルツハイマー治療の最前線について読みごたえのあるレポートを書いていましたので、ざっくりかいつまんでご紹介い……more

  • ヤマネコとイエネコのあいだ――ネコ・ゲノム計画

    ヤマネコとイエネコのあいだ――ネコ・ゲノム計画

    みなさま、ご存知でしょうか? 猫を愛する人間の中には、心中、ワイルドな猫(ヤマネコやネコ科大型獣)に憧れている者がいるということを。そういう人たちは、ワイルドライフのドキュメンタリー番組で、草食動物がネコ科大型獣に追いかけられている映像を見……more

  • モナリザの微笑のヒミツ

    モナリザの微笑のヒミツ

    「ニューヨーカー」誌の3月18日号に、厨房の文化史といえそうな記事がありました。古代ギリシャの饗宴やローマの宴会から、現代アメリカの主婦たちの料理観を変えたという、いわゆる「フープロでガー」革命(フードプロセッサでblitz everyth……more

  • 科学者は自らの学説に殉じるべきか

    科学者は自らの学説に殉じるべきか

    青木 薫 青木 薫 2013年06月02日

    来年はガリレオ・ガリレイの生誕450周年ということで、それに合わせていくつもの研究書が出版されているようです。そういう研究書の多くは、新たに公開されたバチカンの異端審問関連資料を使ったもの。 …more

  • 人工言語とジョン・キハーダ

    人工言語とジョン・キハーダ

    青木 薫 青木 薫 2013年04月09日

    歴史的なことを言うと、記録に残っている完全な人工言語として最も古いのは、かのヒルデガルト・フォン・ビンゲンのアレだそうです。あと、ライプニッツ、ベーコン、デカルトの時代には、出来損ないのような自然言語よりはましな言語を作ることにより、人間性……more

  • ヒト・マイクロバイオム・プロジェクト

    ヒト・マイクロバイオム・プロジェクト

    青木 薫 青木 薫 2013年03月25日

    近年、アメリカのヒト・マイクロバイオム・プロジェクト(ヒトゲノムの後継計画)の関係もあって、マイクロバイオムの話題がいろいろあるようです。細菌ワールドの存在自体は顕微鏡の発明と同時に、うすらぼんやりと知られ始めたわけですが、人間との関係とい……more

1 2
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事