おすすめ本レビューおすすめ本レビュー

Page 143 of 152 141 142 143 144 145
  • 『特務艦「宗谷」の昭和史』

    『特務艦「宗谷」の昭和史』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月24日

    初代南極観測船「宗谷」のいわば伝記である。今年2月に「船の科学館」で古希を迎えたこの船の人生は、じつに波乱に富んだものであった。本書から略歴をまとめてみよう。 …more

  • 『闘うプログラマー 新装版』 解説

    『闘うプログラマー 新装版』 解説

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月21日

    《この原稿は書評ではありません。本書に付属している解説です。》 …more

  • 『祇園のしきたり』

    『祇園のしきたり』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月18日

    本書は祇園町の入門書だ。とはいえ、本書を読んだからといってお茶屋さんに上がれるわけではない。祇園町は一見さんお断りだから、知り合いに常連がいないと、お客になることは不可能に近い。 …more

  • 『飛行機グラフィティ』

    『飛行機グラフィティ』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月09日

    3巻とも2006年に出版された飛行機イラスト本である。『丸』という軍事雑誌に連載されていたイラストを3冊にまとめたものだという。さすがに書店でも『丸』を立ち読みすることはなかったので、今週まで存在を知らなかった。 …more

  • 『名言力』

    『名言力』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月08日

    名言集の書評を書くほど簡単なことはない。パラパラっとめくって、気に入った名言を紹介したうえでなかなかの本だった、と言えばよいのだ。さて、本書から気に入った名言を抜き出してみよう。 …more

  • 『永遠の都ローマ物語―地図を旅する』

    『永遠の都ローマ物語―地図を旅する』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月06日

    とんでもなくお買い損の本を紹介したので、つぎはとんでもなくお買い得の本を紹介しよう。本書はこれまでで買ったどの本よりもお買い得感がある本だ。大判で本文は209ページ、フルカラーである。古代ローマ遺跡のガイドブックに掲載されているであろうほと……more

  • 『海辺の漂着物ハンドブック』

    『海辺の漂着物ハンドブック』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月06日

    ネット通販で買い物をすると信じられない失敗をすることがある。想像していたものと全く違うものが届いたりすることがあるのだ。『海辺の漂着物ハンドブック』もその1つだ。フルカラーとはいえ変形新書版で、わずか80ページである。 …more

  • 『暮らしを支える「ねじ」のひみつ』

    『暮らしを支える「ねじ」のひみつ』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月06日

    タイトルは『「ねじ」のひみつ』だが、「秘密」はさほど語られていない。内容はもっぱら『「ねじ」の基礎』だ。とはいえ、この本に書かれている以上に「ねじ」に関する知識をお持ちの方は、「ねじ」で飯を食っている人であろう。普通の人はこの本1冊で一生分……more

  • 『宮本常一が撮った昭和の風景』上・下

    『宮本常一が撮った昭和の風景』上・下

    成毛 眞 成毛 眞 2009年07月03日

    1989年、津本陽が『巨人伝』を発表した。南方熊楠を世に知らしめた書だ。近代日本にはこんなとんでもない人物が実在していたのかと愕然としたものだ。明治維新以来、欧米に学ぶためには読書を中心とした座学こそが学者の姿だった。しかし、南方熊楠は常軌……more

  • 『ダ・ヴィンチ 天才の仕事』と『ダ・ヴィンチが発明したロボット!』

    『ダ・ヴィンチ 天才の仕事』と『ダ・ヴィンチが発明したロボット!』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月30日

    2冊とも考えようによっては安い本だ。豪華な装丁でフルカラー、『天才の仕事』は238ページで2300円、『ロボット』は359ページもあって3500円だ。2冊とも中心となるのはCGによるダヴィンチの発明の再現だ。 …more

  • 『ヴァチカンの真実』とThe Economist June 27th-July 3rd

    『ヴァチカンの真実』とThe Economist June 27th-July 3rd

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月29日

    映画「天使と悪魔」のヒットを期待したのだろう、バチカンをテーマにした本がこの上半期だけでも何冊か出版された。かろうじて最後までページをめくったのは本書だけだ。残りの本は時間とお金の使い方としてはあまり有効ではないであろう。 …more

  • 『馬車が買いたい!』

    『馬車が買いたい!』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月24日

    またまたこの忙しい時期に、とんでもなく面白い本を見つけてしまった。本書の初版はいまから19年前の1990年である。この6月に6篇のエッセイを付け加え新版として出版された。 …more

  • 『江戸蕎麦通への道』

    『江戸蕎麦通への道』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月19日

    狙っている読者層が広すぎる。けっして悪い意味ではない。蕎麦好きも、蕎麦屋通いも、趣味の蕎麦打ちも、プロの蕎麦屋も、江戸趣味人も、うんちく好きも、単なる本読みも、間違いなく満足できる本である。新書にこれだけの薀蓄を江戸情緒たっぷりに詰め込める……more

  • 『ボクがワイナリーをつくった理由』

    『ボクがワイナリーをつくった理由』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月18日

    ワイン作りは人類にとって最古の仕事の一つである。すでに紀元前6000年ころのメソポタミアで計画的に作られていたといわれる。いっぽうでワインは壮大なベンチャービジネスでもある。1960年台後半にロバート・モンダビが高級ワインを作り始めたことで……more

  • 『アメリカ大統領-その権力と歴史』

    『アメリカ大統領-その権力と歴史』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年06月17日

    「知の再発見双書」の最新刊だ。この双書はフランスのガリマール出版社が1986年から出版を開始した「Gallimard's Decouvertes」の一部を翻訳したものである。本国では530を超えるタイトルが出版されているのだが、創元社が翻訳……more

Page 143 of 152 141 142 143 144 145
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事