おすすめ本レビューおすすめ本レビュー

Page 151 of 161 149 150 151 152 153
  • 『ものつくり敗戦』

    『ものつくり敗戦』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月12日

    表紙が悪い。使っている写真は沈没した戦艦「伊勢」だそうだ。敗戦だから戦艦沈没だという脈絡が判らないし、歯車と組み合わせたデザインも最悪だ。タイトルも悪い。そもそもボクは「ものつくり」という言葉が嫌いだ。「ものつくり」とは工芸的・職人的な匂い……more

  • 『水道が語る古代ローマ繁栄史』

    『水道が語る古代ローマ繁栄史』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月10日

    鹿島出版会は鹿島建設の関係会社だが、じつは非常に興味深い本を出版していることで好事家には知られていると思う。あえて好事家と書いたのは、書店では建築関係のコーナーに置かれていることが多いために、建築関係者以外の目に留まりにくいのだ。土木建築コ……more

  • 「週刊現代 9月19・26日号」掲載 『夏への扉 [新装版]』

    「週刊現代 9月19・26日号」掲載 『夏への扉 [新装版]』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月10日

    本書が発表されたのは、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した1957年だ。この年、レーザーが発明され、IBMは科学技術用のフォートランを発売した。アメリカで日本からの輸入車第1号であるクラウンが発売された年でもある。 …more

  • 『声に出して笑える日本語』

    『声に出して笑える日本語』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月09日

    いうまでもなく、斉藤孝の『声に出して読みたい日本語』のもじりだ。だから、必ずしも「声に出して笑える日本語」が収録されているわけではない。むしろ、現代日本語論のようなものに仕上がっている。「のようなもの」としたのは、やはり大笑いできるところも……more

  • 『日本の珍地名』

    『日本の珍地名』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月08日

    帯が本書のすべてをあらわしている。「平成の大合併で誕生した全国津々浦々の〈トンデモ地名〉を番付形式で一挙紹介」している。 …more

  • 『英国男子制服コレクション』

    『英国男子制服コレクション』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月07日

    あらかじめお断りしておくが、ボクにはその趣味はまったくない。昨日、本屋で買うときにレジで変な目で見られないかドキドキした。男子の制服フェチのおじさんなんて、目もあてられない。 …more

  • 『The Economist September 5th-11th』

    『The Economist September 5th-11th』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月07日

    いま、届いたエコノミストの最新刊の表紙がスゴイ。冨嶽三十六景にマンガ調のふき出しがあり、富士山が「ドッカーン」と噴火している。タイトルは「The vote that changed Japan」で久しぶりの日本特集だ。巻頭コラムでは「鳩山次……more

  • 『実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則35』

    『実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則35』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月05日

    9月3日に紹介した『僕は人生を巻き戻す』の書評を読んだ知り合いからメールをいただいた。この障害を克服するために何か良い本はないかというのである。幸いなことにボクはこの障害に悩んでいない。そこで他の知り合いに聞いてみたところ、本書を推薦してく……more

  • プレジデント9月14日号掲載 『消えた宿泊名簿』

    プレジデント9月14日号掲載 『消えた宿泊名簿』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月04日

    大人になってゆったりと夏休みを過ごすようになり、クラシックホテルを利用することが多くなった。箱根富士屋ホテル、軽井沢万平ホテル、日光金谷ホテル、伊豆川奈ホテルなどがそれだ。落ち着いた建物や心地よいサービスを楽しみに行くだけではない。過去にこ……more

  • 『僕は人生を巻き戻す』

    『僕は人生を巻き戻す』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月03日

    今年のベスト3に入る翻訳ノンフィクションであり、精神スペクトラム障害に関する啓蒙書だ。じつは冷静に読むことができず、途中で何度も目を拭ってしまった。主人公のエド・ザインは重度の強迫性障害患者だ。現在は二人の女の子を持つ40歳代の男性である。……more

  • 『文藝春秋 SPECIAL 2009年 10月号』掲載 「私の好きな歴史・時代小説」

    『文藝春秋 SPECIAL 2009年 10月号』掲載 「私の好きな歴史・時代小説」

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月02日

    日頃もっぱら手に取るのは科学読み物などのノンフィクションである。純文学も推理小説も子供の頃に読んだだけで、大人になってからは書店でも専門コーナーから足が遠のいた。純文学を読むには感性が鈍磨してしまったし、推理小説を読むにはトリックの伏線すら……more

  • 『芸術新潮 9月号』 エジプト美術世界一周

    『芸術新潮 9月号』 エジプト美術世界一周

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月01日

    久しぶりに「芸術新潮」を買った。ここ1年の特集は「手塚治虫」「運慶」「阿修羅」「トーヴェ・ヤンソン」=ムーミンの作家「トミ・ウンゲラー」=絵本作家とかだったから、ぜんぜん興味を持てなかった。今月号は東京都美術館で開催中の「トリノ・エジプト展……more

  • 『イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか』『戦艦大和砲声の謎』

    『イージス艦はなぜ最強の盾といわれるのか』『戦艦大和砲声の謎』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月01日

    最近サイエンス・アイ新書が面白い。月に最低1冊は買ってしまう。7月に『暮らしを支える「ねじ」のひみつ』を紹介したが、8月は本書だ。6月には『ヘリコプターの最新知識』を買っている。 …more

  • 『偽装農家』

    『偽装農家』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月01日

    飛鳥新社「Family bool series」の7冊目である。100ページに満たない薄い本だ。『文藝春秋』などの総合雑誌に掲載されている記事よりもかなり長く、単行本や新書よりもかなり短い。活字だけで714円だから、安いのか高いのかはなんと……more

  • 『皮膚は考える』

    『皮膚は考える』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年08月21日

    2005年初版の本なので当ブログでは取り上げなかったのだが、『傷はぜったい消毒するな』でも紹介されているので取り上げてみることにした。科学書好きは必ずチェックする岩波科学ライブラリの1冊だ。ともかくエッセンスをいくつか紹介してみよう。 …more

Page 151 of 161 149 150 151 152 153
HONZ会員登録はこちら