おすすめ本レビューおすすめ本レビュー

Page 153 of 168 151 152 153 154 155
  • 『文藝春秋』 (今月買った本) 08年6月原稿

    『文藝春秋』 (今月買った本) 08年6月原稿

    成毛 眞 成毛 眞 2010年03月08日

    朝鮮日報オンラインの日本語版でソニア・レオンの『Romeo and Juliet』を知った。ロンドン特派員が昨今イギリスで流行るものとして紹介していたのだ。じつはこの本、イギリス人女性が書いたマンガである。驚くことに舞台は現代の東京。ヤクザ……more

  • 『星めぐり歳時記』

    『星めぐり歳時記』

    成毛 眞 成毛 眞 2010年03月05日

    著者は野辺山電波観測所やすばる望遠鏡の建設に尽力し、国立天文台長などを経て、国際天文学連合の次期会長に就任が決定している海部宣男だ。これまでにも『宇宙をうたう』や『天文歳時記』などで、宇宙と詩歌の世界をリンクしてきた不思議な存在だ。その二つ……more

  • 歌舞伎の入門書

    歌舞伎の入門書

    成毛 眞 成毛 眞 2010年03月01日

    先日、歌舞伎の入門書についての質問をいただき、めぼしい本が見当たらないとお答えした。その理由について少し説明したうえで、あえてお勧め本を紹介してみる。 …more

  • 『文藝春秋』 (今月買った本) 08年10月原稿

    『文藝春秋』 (今月買った本) 08年10月原稿

    成毛 眞 成毛 眞 2010年03月01日

    2002年から2008年までの7年間、年3回のペースで『文藝春秋』の「今月買った本」という書評欄に寄稿していた。4人の書き手が回り順に、毎月買った本を10冊リストにし、その中から何冊かを文章で紹介するという企画だ。現在でも後任者たちによる連……more

  • 『その英語 ネイティブはカチンときます』

    『その英語 ネイティブはカチンときます』

    成毛 眞 成毛 眞 2010年03月01日

    このところあまり面白い読み物に出くわさない。しかたがないので新書コーナーをすこし浚ってみたら、本書を発見した。この本は使える。対象は完全な初心者というよりも、ある程度話すことができる人、英語を使う環境にいる人などであろうか。とりわけネイティ……more

  • 『Henri Matisse: Cut-Outs Drawing with Scissors- Jazz』

    『Henri Matisse: Cut-Outs Drawing with Scissors- Jazz』

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月27日

    巨大で重い洋書である。アマゾン・マーケットプレースから買えば18000円だ。もちろん中身はマティスの画集である。この画集は光沢紙にグラビア印刷で製本されている「CUT-OUTS」と、リトグラフを模して印刷した40枚弱の単葉で構成された「JA……more

  • 昨日買った本

    昨日買った本

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月27日

    昨日、吉祥寺で買った本のなかから、新書を何冊か紹介してみよう。まだ、帯と目次以外はいっさい読んでいない。なぜ買ったのか、なにを期待しているのかを説明してみたいと思うのだ。 …more

  • 『絶対ボケない生活』 準読了

    『絶対ボケない生活』 準読了

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月26日

    書店でおもわず手を伸ばしてしまった本だ。けっして自分のボケを心配しているわけではない。親や親戚を心配しているのだ。誤解しないでいただきたい。ふん。目次をざっと見ると、ボケない職業、性格、生き方があるという。 …more

  • 『日本史有名人の臨終図鑑』 準読了

    『日本史有名人の臨終図鑑』 準読了

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月25日

    本書も通して読むという形式ではないので準読了とした。歴史上の人物111人の臨終直前のカルテを『歴代天皇のカルテ』などで有名な医師作家が書き起こす。見開き2ページで1人を取り扱う。右ページには文章での人物紹介、左ページにはカルテのフォーマット……more

  • 『音で観る歌舞伎』 準読了

    『音で観る歌舞伎』 準読了

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月25日

    本書が対象とする読者は、あくまでも伝統芸能の音に興味のある、初心者から中級者までの人だ。つまり、この分野にまったく関心のない人を振り向かせるような読み物ではない。じつに網羅的・総覧的・事典的な本なのだ。とはいえ、これ一冊持っていれば、観劇上……more

  • 『トルコ 世界一の親日国』

    『トルコ 世界一の親日国』

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月24日

    外形的な本の作りだけを見る限り、自費出版にしか見えない本だ。しかし、帯にもあるように「ヒゲの殿下」こと日本・トルコ協会総裁でもある寛仁親王の推薦もあり、明成社から出版されたようだ。個性的なこの出版社にしては、内容は右寄りでも、皇室礼賛でもな……more

  • 『漢字逍遥』 準読了

    『漢字逍遥』 準読了

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月20日

    『漢字逍遥』準読了。お気軽な白川静。じつは読みごたえもあり、味わいのあるエッセイ集。エッセイなので「成毛眞ブログ」で取り上げにくいだけだ。電車の中で読むには最高なのだが……iPHONEが邪魔してダメだ。著者には申し訳ないが、トイレに常備がお……more

  • 『戒厳令』 準読了

    『戒厳令』 準読了

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月20日

    『戒厳』朝日新聞出版刊、準読了。本文は一般人にとっては専門的にすぎる印象。「はじめに」で目から鱗が1枚。「おわりに」も読みごたえあり。「軍法務」という知られざる分野の一冊。 …more

  • 「準読了本」140文字書評をはじめてみる

    「準読了本」140文字書評をはじめてみる

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月20日

    このブログの趣旨は「おすすめ本」の紹介である。じつは、その「おすすめ本」を見つけるためには、その数倍の本を手にとっている。いささかもったいないような気もするので、これからは「準読了本」として、自身のツイッタと連動しながら紹介してみようかと思……more

  • 『ん 日本語最後の謎に挑む』

    『ん 日本語最後の謎に挑む』

    成毛 眞 成毛 眞 2010年02月18日

    帯には「日本橋は、なぜNihombashiと書かれているのか?」「日本語最大のミステリーを解く!」とある。帯の裏にも「西洋人は『んー』が大嫌い」「古事記には『ん』はなかった「「空海も創造主のひとり」などなどじつに面白そうなコピーが並んでいる……more

Page 153 of 168 151 152 153 154 155
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら