おすすめ本レビューおすすめ本レビュー

Page 157 of 168 155 156 157 158 159
  • 『終身刑の死角』

    『終身刑の死角』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年10月01日

    昨年5月15日に「量刑制度を考える超党派の会」が発足している。会長は加藤紘一、森喜朗が最高顧問。副会長には鳩山由紀夫や亀井静香、古賀誠、中川秀直、浜四津敏子が就任している。本書はその動きに対して阻止せんとして、本ブログでも紹介した『日本の殺……more

  • 『今日の総理』

    『今日の総理』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年10月01日

    土曜日の午後6時台はTBSの「報道特集」が企画でコケると視る番組がなくなる。「人生の楽園」にまではまだ早いし、釣りにロマンを感じるたちではない。そこでNHKの「週刊こどもニュース」を視てしまうことがある。とりわけ池上彰が担当していた当初はよ……more

  • これから読む本

    これから読む本

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月23日

    ふと思いついたのだが、いま目の前にある新刊本を紹介してみる。これから読もうと思っている本だ。 …more

  • 『たまたま』

    『たまたま』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月23日

    非常に面白い科学本なのだが、非常に読みにくい。原因の1つは著者がいわゆる「田舎者」のアメリカ人であり、つまり巨大市場アメリカの読者のみを対象として、低俗な修辞を連ねていることにある。イギリス人の著者であれば、科学書のマーケットは全世界に求め……more

  • 『菜根譚』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』
  • ロンドン・エコノミスト 9月19-25日号

    ロンドン・エコノミスト 9月19-25日号

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    先ほど届いたロンドンエコノミストはいつもになく妙な特集だ。それはともかく、慌てて日本の民主党についての一般記事を読んでみた。 …more

  • 『同和と銀行』

    『同和と銀行』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    バブル期の大阪裏面史を描いているのだから、タイトルも表紙もおどろおどろしい。主人公は巨漢の元暴力団構成員である。当然のことながら、許永中や尾上縫、田中森一など「いつもの」バブル紳士達は登場するのだが、本書はそれだけで終わらない。むしろダーク……more

  • 『一般論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    『一般論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    ○『雇用・利子および貨幣の一般理論』ケインズ …more

  • 『法の精神』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    『法の精神』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月20日

    ○『法の精神』モンテスキュー …more

  • 『資本論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』
  • 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』 宣伝書評

    『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』 宣伝書評

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月19日

    長い書名の本の監修を引き受けた。『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』だ。B5版95ページ2色刷り本体1080円である。本書の作りは右ページに本文、左ページは図解だ。シルバーウィーク中に何点かの本文を掲載してみることにする。 …more

  • 『イルカ』

    『イルカ』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月17日

    15年ほど前の出来事以来、ボクは鯨やイルカを絶対に食べない。スキューバダイビングをしようと乗り合い船で伊豆下田沖にある神子元島に向かっているとき、イルカの大群に遭遇したのだ。ダイバー全員で海に飛び込んだ。タンクをつけている余裕はないので、素……more

  • 『森にすむヤマネの話』

    『森にすむヤマネの話』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月15日

    ヤマネとは齧歯目ヤマネに属する1属1種の小動物だ。体重は鶏卵の半分くらいしかなく、ネズミとは違い尻尾には毛が生えていて、背中には黒の一本縞があるのが特徴だそうだ。天然記念物だ。本書はそのヤマネを撮りつづけて30年になる自然写真家のエッセイで……more

  • 『通勤電車でよむ詩集』

    『通勤電車でよむ詩集』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月14日

    高校の現代国語の授業で西脇順三郎という詩人を知った。「天気」という詩が教科書に載っていたのだ。いまにいたるまでの大きな影響を受けた。教室の片隅でそのとき一瞬にしてボクの心はギリシアの白き坂道の家の前に移動したのだ。詩はこうだ。 …more

  • 『ものつくり敗戦』

    『ものつくり敗戦』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月12日

    表紙が悪い。使っている写真は沈没した戦艦「伊勢」だそうだ。敗戦だから戦艦沈没だという脈絡が判らないし、歯車と組み合わせたデザインも最悪だ。タイトルも悪い。そもそもボクは「ものつくり」という言葉が嫌いだ。「ものつくり」とは工芸的・職人的な匂い……more

Page 157 of 168 155 156 157 158 159
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら