新潮文庫

新潮文庫

読者の高い知的欲求に充実のラインナップで応える新潮文庫は1914年創刊、来年100年を迎えます。ここでは、新潮文庫の話題作、問題作に収録された巻末解説文などを、選りすぐって転載していきます。新潮文庫のサイトはこちら
Page 1 of 6 1 2 3 4 5
  • 『鉄路2万7千キロ 世界の「超」長距離列車を乗りつぶす 』旅行作家の矜恃

    『鉄路2万7千キロ 世界の「超」長距離列車を乗りつぶす 』旅行作家の矜恃

    新潮文庫 新潮文庫 2018年08月02日

    本書の企画は、世界の長距離列車の運行距離に惹かれてランキングを作ったところから出発している。9〜10ページのランキングを見ると、私には意外な列車が1位にランキングされていた。ウラジオストク〜キエフ。世界の長距離列車と言えば、鉄道マニアでなく……more

  • 『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』

    『あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年07月31日

    城戸さんは、中国残留孤児だった父親の半生と、自身の中国留学体験と、元・中国残留孤児たちによる国家賠償を求めての裁判闘争を、すべてこのひとつの作品に盛りこんでいた。それでいて散漫さも冗長さも感じさせない。これがデビュー作とは思えぬほどの構想力……more

  • 『未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言』

    『未解決事件 グリコ・森永事件 捜査員300人の証言』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年07月06日

    21面相は社会の海に潜ったままだ。法的な時効は過ぎても、社会的には時効はない。悪のパフォーマンス。劇場型犯罪は後を絶たない。グリコ・森永事件は元凶である。事件は多くの課題を残した。それらは警察だけでなく、企業や報道、そして市民一人ひとりが負……more

  • 『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』

    『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年07月05日

    まずタイトルが気に入らない。「無謀にも」と逃げの姿勢を取っている。またどうせいい加減なことが書いてあるんだろうと本を開いた。あれ? 読みやすい。しかも、読み始めてすぐに「恐竜学に対する挑戦状ではなく、ラブレター」と記されているではないか。そ……more

  • 『介護民俗学という希望 「すまいるほーむ」の物語 』

    『介護民俗学という希望 「すまいるほーむ」の物語 』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年06月01日

    リハビリや身体介護といった直接的な介入は身体機能がどの程度改善したかといった計測が比較的容易にできるのに対し、こうした心を支えるケアの評価は難しい。しかし、だからといって、その重要性は勝るとも劣ることはない。むしろ基本となるものであろう。本……more

  • 『謝るなら、いつでもおいで 佐世保小六女児同級生殺害事件』

    『謝るなら、いつでもおいで 佐世保小六女児同級生殺害事件』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年05月28日

    今回解説のオファーを頂き、新たな心持ちで再読したら、また新たな発見があった。それは、本書はもう二度と起こっては、起こしてはならない、痛ましすぎる少年犯罪についての、傑作ルポルタージュであると同時に、およそ人の生死に関わるような事件など起こる……more

  • 『パンツが見える。 羞恥心の現代史 』

    『パンツが見える。 羞恥心の現代史 』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年04月29日

    パンツ、このやっかいな存在。……と思いつつ、精一杯ひびかせないように生きている中で、2002年の『パンツが見える。』の刊行は、衝撃的でした。パンツは、昔から恥ずかしい存在であったわけではない。着物を着る人がほとんどであるが故に日本人がパンツ……more

  • 『話術』50年の怠慢を経て名著を読む

    『話術』50年の怠慢を経て名著を読む

    新潮文庫 新潮文庫 2018年04月03日

    新人の頃、アナウンサーとして読むべき何冊かの本を教えられた。そのひとつが「徳川夢声さんの話し方の本」だった。  正に今回文庫化されたこの『話術』なのだ。先輩から読めと言われていたのに、50年間手にすることがなかった本が手元にやってきた……more

  • 『ピラミッド 最新科学で古代遺跡の謎を解く』ピラミッドを作った人々のリアリティ

    『ピラミッド 最新科学で古代遺跡の謎を解く』ピラミッドを作った人々のリアリティ

    新潮文庫 新潮文庫 2018年04月01日

    古代エジプト、あるいはピラミッドという語句に接して、胸をときめかせずにいられる日本人は、そう多くはあるまい。だが時間的にも空間的にも遠く隔たった魅惑的な異世界に、私たちは勝手な幻想——時に超古代文明から宇宙人まで登場する——を投影してもきた……more

  • 『全電源喪失の記憶 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間』あのとき何があったのか

    『全電源喪失の記憶 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間』あのとき何があったのか

    新潮文庫 新潮文庫 2018年03月10日

    この本を読むと、当時は政府も原子力安全・保安院も、東京電力本店も、現場で何が起きているか把握できていなかったことがわかります。原子力の専門家だと思っていた原子力安全・保安院の院長が東京大学経済学部の卒業で、原子力の専門家ではなかったという描……more

  • 『言葉の海へ』

    『言葉の海へ』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年03月06日

    大槻文彦という個人が驚くべき集中力と完成度を持って『言海』や『広日本文典』を作り上げることが出来たのは、洋学の家に生まれて西洋の文物や学問をいち早く理解し、あるべき日本と日本語の近代化の方向性を鋭く見通し、それに形を与えることができる資質を……more

  • 『GHQと戦った女 沢田美喜』

    『GHQと戦った女 沢田美喜』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年02月03日

    ESSや東洋文庫の起源、下山事件の背後にあった新事実など、戦後の空気を伝える出来事も、本書には豊富に配されている。一行一行が密で濃い。団塊世代の著者は、〈自分の生まれた時代の実像を知りたい〉と本書に挑んだという。強い意志が、沢田美喜の生きた……more

  • 『老後破産 長寿という悪夢』

    『老後破産 長寿という悪夢』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年02月01日

    本書が取りあげた一人暮らし高齢者の「老後破産」は、日本の「家族依存型」社会保障制度が大きな岐路に立っていることを示している。日本では、高齢期の貧困、介護、孤立といった生活上のリスクに対して、家族が大きな役割を果たしてきた。しかし、世帯規模が……more

  • 『西郷隆盛はどう語られてきたか』

    『西郷隆盛はどう語られてきたか』

    新潮文庫 新潮文庫 2018年01月06日

    西郷隆盛という人物の全体像は、その全体を構成する部分の一つ一つを知れば知るほど、ますます途方もなく広がり、多面性を見せ、さまざまな解釈の可能性を生み出していきます。私自身は、そうした捉えがたさを増す西郷像の中で、何をもって「西郷」とするか、……more

  • 『チャップリン自伝 栄光と波瀾の日々』

    『チャップリン自伝 栄光と波瀾の日々』

    新潮文庫 新潮文庫 2017年12月29日

    本書は、世界の喜劇王チャーリー・チャップリンが、75歳の時に出版した自伝 “My Autobiography” の新訳である。日本では、長らく中野好夫氏による、格調高く、かつ翻訳であることを忘れてしまうほど自然な日本語による名訳で親しまれて……more

Page 1 of 6 1 2 3 4 5
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら