榎本 よしたか

榎本 よしたか

イラストレーター・法廷画家・漫画家。1977年和歌山県生まれ。ほのぼのとしたタッチを中心に、法廷画などのリアルタッチイラストまで幅広く手掛ける。主に出版や広告、テレビ番組などの媒体で活動中。近年、WEBで公開していたエッセイ漫画「トコノクボ」がマイナビ出版より文庫化し、マンガHONZにて書評されたことがきっかけとなりレビュアーとしてデビュー。尚、代表の堀江貴文氏とは2006年のライブドア事件初公判時の法廷画を榎本が担当していた奇縁があり、当時の絵を本人に見せたところ「悪意あるだろコレ(笑)」などと言われる。→https://twitter.com/YoshitakaWorks/status/671680694083452928 イラスト紹介サイト「YoshitakaWorks」:http://yoshitakaworks.com/
HONZ会員登録はこちら

人気記事