田中 大輔

田中 大輔

1980年千葉県生まれ。文化服装学院技術専攻科卒。アパレルの販売職を経て、丸善・丸の内本店で10年間ビジネス書担当として働く。書店員時代には日経MJやDIMEなどで書評を連載。2015年に書店を退職し、現在は出版社勤務。週刊新潮で月に一度ビジネス書捕物帖という連載を執筆中。好きなジャンルはビジネス、カルチャー、ファッション、音楽、食(特にお酒)など。
Page 3 of 6 1 2 3 4 5
  • 人生を一変させる新しい古典『嫌われる勇気』

    人生を一変させる新しい古典『嫌われる勇気』

    田中 大輔 田中 大輔 2013年12月17日

    アルフレッド・アドラーという人物を知っているだろうか?私はこの本を読むまでまったく知らなかった。どうやらフロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されている人物らしい。個人心理学(アドラー心理学)というものを創始した人だという。ただフロ……more

  • 書店員の2013ベスト5-東京某書店 田中大輔

    書店員の2013ベスト5-東京某書店 田中大輔

    田中 大輔 田中 大輔 2013年12月12日

    12月の初旬にトーハン、日販、両取次が2013年の年間ベストセラーランキングを発表しました。順位は前後するけれど、どちらもトップ3は『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、『医者に殺されない47の心得』、『聞く力』の3冊でした。上位2……more

  • 『ココロの盲点』新刊超速レビュー

    『ココロの盲点』新刊超速レビュー

    田中 大輔 田中 大輔 2013年12月07日

    認知心理学や行動経済学といったジャンルの本が好きで、書店でみかけるとつい買ってしまう。『経済は感情で動く』、『世界は感情で動く』、『予想通りに不合理』、『ずる』(村上のレビューはこちら)、『ファスト&スロー』(山本のレビューはこちら)、『ダ……more

  • 6次元に行きたい!『人が集まる「つなぎ場」の作り方』

    6次元に行きたい!『人が集まる「つなぎ場」の作り方』

    田中 大輔 田中 大輔 2013年11月25日

    「こんど6次元で(イベントを)やるんで、来てくださいよ。」というような感じで、ここ最近、なんだかやたらと6次元という言葉を耳にしている気がする。「6次元でやる」っていったいなんだ?と頭のなかは???でいっぱい。2次元は平面で、3次元は立体。……more

  • 11月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    11月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    田中 大輔 田中 大輔 2013年11月13日

    ふと気がつくと、朝晩には冬の気配が漂ってくるようになりました。年々、一番好きな季節である秋が、短くなってきているような気がしてなりません。秋といえば食欲の秋もそうだけど、やはり読書の秋。秋の夜長に読んでほしいビジネス書を今月もお届けします。……more

  • 2013年のビジネス書No.1はこれに決まり!たくさんの人に届け!『ゼロ』

    2013年のビジネス書No.1はこれに決まり!たくさんの人に届け!『ゼロ』

    田中 大輔 田中 大輔 2013年11月08日

    今年のビジネス書No.1はこれで決まり!読み終わった瞬間にそう確信した。この本はぜひともたくさんの人に読んでほしい。いやたくさんの人に届けなくてはいけない。書店員である私は勝手にそういう使命に燃えている。 …more

  • 『ルールを変える思考法』新刊超速レビュー

    『ルールを変える思考法』新刊超速レビュー

    田中 大輔 田中 大輔 2013年10月10日

    ソーシャル時代の新しい選書レーベル角川EpuB選書が本日創刊した。創刊のラインナップは角川歴彦(KADOKAWA社長)の『グーグル、アップルに負けない著作権法』、西村卓也(角川アスキー総合研究所客室研究員)の『HTML5で描く未来 クラウド……more

  • 10月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    10月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    田中 大輔 田中 大輔 2013年10月09日

    ビジネス、ノンフィクションよりも最近はフィクション(いわゆる文芸書)ばかりを読んでいる。それ故にHONZでもレビューを書くことができていない。先月は1つしか紹介できなかったので、今月はここで紹介した本の中からいくつかレビューを書けたらいいな……more

  • 『職業治験』治験だけで生活をするプロの生態

    『職業治験』治験だけで生活をするプロの生態

    田中 大輔 田中 大輔 2013年09月17日

    この本は治験だけで生活をする男の体験記である。初めての治験から、プロ治験者の第一人者「教授」との出会い、「教授」を介した裏ルートでの治験、海外での治験、プロ治験者の末路など、著者が経験した出来事をまとめた本だ。これがとてもおもしろく最後まで……more

  • 8月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    8月のこれから売る本-東京某書店 田中大輔

    田中 大輔 田中 大輔 2013年08月28日

    8月の前半はこれと思う新刊がなく、先月、先々月から推している『TEDトーク 』や『LEAN IN』といった本を売り伸ばすことに注力をしていた。毎年のパターンからいっても、7月、8月というのはビジネス書の新刊が弱いのだ。その代わり9月になると……more

  • 『プア充』新刊超速レビュー

    『プア充』新刊超速レビュー

    田中 大輔 田中 大輔 2013年08月23日

    「プア充」ってなに?とタイトルに惹かれて衝動買いして読んだ本が面白かったので紹介したい。プア充っていうのはプアなリア充(プアだけどリアルが充実している人)ってこと?と思ったら当たらずといえども遠からずという感じだった。本からプア充の定義を引……more

  • 『TEDトーク』プレゼン本の新しい定番書が誕生!

    『TEDトーク』プレゼン本の新しい定番書が誕生!

    もしあなたがTEDのステージに呼ばれたとしても、この本を読んでおけば大丈夫!あなたはサー・ケン・ロビンソンのような素晴らしいプレゼンをこなすことができるでしょう。えっ?TEDのステージに立つ機会なんて私にはないって?いやいや、そんなことはわ……more

  • 7月のこれから売る本-丸の内の某書店 田中大輔

    7月のこれから売る本-丸の内の某書店 田中大輔

    田中 大輔 田中 大輔 2013年07月07日

    梅雨も明けて、日差しの眩しい季節がやって来ました。書店業界の夏といえば、文庫のフェアの季節です。新潮文庫の100冊や、ナツイチ、発見!角川文庫など、各出版社がやっている文庫のフェアが書店を彩ります。ノベルティグッズも充実していて、書店もなん……more

  • 女性向けに書かれた本だけど、男性にこそ読んでほしい『リーン・イン』

    女性向けに書かれた本だけど、男性にこそ読んでほしい『リーン・イン』

    田中 大輔 田中 大輔 2013年07月04日

    一昨日、開催された『グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミット』に参加するため、シェリル・サンドバーグが来日していたようだ。グローバル・ウーマン・リーダーズ・サミットとは、女性がいきいきと働くことで社会を活性化し、経済成長につなげるために、……more

  • 『服を作る』山本耀司の女性観

    『服を作る』山本耀司の女性観

    山本耀司といえば、コムデギャルソンの川久保玲と並び、日本を代表するデザイナーの一人である。80年初頭にパリコレに進出し、黒を基調としたボロルックで、「黒の衝撃」と呼ばれているセンセーションをファッションの世界で巻き起こした。 …more

Page 3 of 6 1 2 3 4 5
HONZ会員登録はこちら

人気記事