ビジネス

Page 26 of 27 23 24 25 26 27
  • 『大停滞』 

    『大停滞』 

    成毛 眞 成毛 眞 2011年10月25日

    「日本化」とはデフレによる経済停滞だけでなく、政治のねじれ現象による混迷や、返済不能とも思われる国債発行残高を抱える、あの日本のような国になってはいけないという戒めの言葉だ。 本書『大停滞』はそれをすべての先進国が受け入れなければならない宿……more

  • 『大停滞』

    『大停滞』

    久保 洋介 久保 洋介 2011年10月25日

    2011年、最も話題になった経済書だ。 …more

  • 『「規制」を変えれば電気も足りる』

    『「規制」を変えれば電気も足りる』

    あらゆる業界のビジネスマンにオススメできる本だ。本書は、副題にあるとおり日本の「おバカ規制」を次々と紹介する。本書を通して筆者が主張するのは、日本は規制によってがんじがらめにされており、困ったことがあちこちで起きているということ。しかし、本……more

  • 『ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕』

    『ウォール・ストリート・ジャーナル陥落の内幕』

    栗下 直也 栗下 直也 2011年08月10日

    先週、日立製作所と三菱重工業の経営統合というニュースを聞いて、驚いた方も多いだろう。結果的に、誤報となってしまったことに再び驚いた方も多いだろう。インターネットが普及した今、記者達が血眼になって追う特ダネに新聞社やテレビ局が経営資源をこれま……more

  • 『エネルギー論争の盲点』

    『エネルギー論争の盲点』

    地震後に刊行されたエネルギー関連本で一番のオススメ。本書のタイトルに騙されてはいけない、本書の凄みはエネルギー論争の盲点を突くことではなく、人類とエネルギーの歴史を100ページ程にまとめていることだ。これだけ質の高い情報を得るのに777円は……more

  • 『国債クラッシュ』 週刊朝日8月5日号 「ビジネス成毛塾」掲載

    『国債クラッシュ』 週刊朝日8月5日号 「ビジネス成毛塾」掲載

    成毛 眞 成毛 眞 2011年08月02日

    石原都知事は東北大震災について「日本に対する天罰だ」と言い放って顰蹙を買った。あまり知られていないことだが、都知事は名古屋の減税党を引き合いにだしながら、財政破綻しつつある国であるにも関わらず、国民はまったく理解していない、それゆえに天罰が……more

  • 『世界一大きな問題のシンプルな解き方 -私が貧困解決の現場で学んだこと-』

    『世界一大きな問題のシンプルな解き方 -私が貧困解決の現場で学んだこと-』

    山本 尚毅 山本 尚毅 2011年07月21日

    1日の稼ぎが1ドル未満の人たちのうち8億人は、その稼ぎのほとんどを1エーカー(1辺約64メートルの正方形)の農場から得ている。その農場も4つか5つの小さな区画に分散している。その小さな農場から家族(約10人)を養わなければいけない。比較まで……more

  • 『地球環境・資源エネルギー論』

    『地球環境・資源エネルギー論』

    エネルギー問題に興味ある人は本書を手元においておいた方がいい。これ一冊さえもっていれば統計データを基にした全体像の把握ができ、その辺のエセ専門家に騙されない。この種の英語本は多いのだが、日本語版でこれほどまで整理されている本はあまり見たこと……more

  • 『ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール』

    『ウォールストリート・ジャーナル式 図解表現のルール』

    成毛 眞 成毛 眞 2011年05月01日

    戦略コンサルタントにとっては「いまさら」感があるかもしれないが、図解表現の基本をウォールストリートジャーナルのグラフィック部門の責任者が解説した本だ。基本だから、いまウケている、すなわちすぐに古臭く見えてしまうようなテクニックは紹介されてい……more

  • 『日本復興計画』

    『日本復興計画』

    成毛 眞 成毛 眞 2011年04月28日

    編集部からの緊急献本である。著者とも古くからの知り合いだ。著者が代表をしている株式会社ビジネス・ブレークスルーの設立当初からの株主の1人でもある。ちなみにまだ1株も売却していない。若干の損失が出ていることになる。 …more

  • 『ハウス・オブ・ヤマナカ』 朽木ゆり子

    『ハウス・オブ・ヤマナカ』 朽木ゆり子

    黒船の圧力で日本が開港したのが1859年。当時の日本人貿易商は、外国銀行にたっぷりマージンをとられ、また外国海運会社に運賃を決められと甘い汁はほとんど外国に吸い取られていた。それではいかんと、大隈重信や松方正義たち明治政府が国策として日本人……more

  • 『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』

    『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』

    山本 尚毅 山本 尚毅 2011年04月14日

    むさぼるように、本を読んでいた2,3年前、起業家の成功ストーリーや、冒険家の探検記、歴史的偉人の伝記をよく読んでいた。自分を重なり合わせて、自分も追体験して、あたかもそのような人生を送るのだと、一時的なアファーメーション状態を日々過ごしてい……more

  • 『アフリカ』 資本主義最後のフロンティア

    『アフリカ』 資本主義最後のフロンティア

    成毛 眞 成毛 眞 2011年04月05日

    1994年、アフリカの小国ルワンダで民族対立が発生し、総人口780万人のうち80万人以上が100日間のうちに虐殺され、210万人が国外へ流出した。しかし、2000年に現在のカガメ大統領が就任すると、一転して急速な経済復興を始めたのである。い……more

  • 『減速して生きる ダウンシフターズ』

    『減速して生きる ダウンシフターズ』

    栗下 直也 栗下 直也 2011年04月03日

    著者は大手百貨店勤務を経て、放浪の後、現在は池袋で店舗面積6坪ほどの飲食店を経営する。30歳で600万程度だった年収が40近い今は300数十万だが、サラリーマンをやめ、無駄な出費も減り、手元に残る金は一緒とか。 …more

  •  『スピンドクター』

     『スピンドクター』

    栗下 直也 栗下 直也 2011年03月12日

    スピンドクターと聞くと何か特別な存在をイメージするかもしれないが、著者は身近な存在だという。もちろん、政治家の周囲には知る人ぞ知るスピンドクターもいるが、現在の日本では官僚や企業の広報も十分、スピンドクターの役割を果たしていると指摘する。 …more

Page 26 of 27 23 24 25 26 27
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら

人気記事