おすすめ本レビューおすすめ本レビュー

Page 164 of 175 162 163 164 165 166
  • 『菜根譚』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』
  • ロンドン・エコノミスト 9月19-25日号

    ロンドン・エコノミスト 9月19-25日号

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    先ほど届いたロンドンエコノミストはいつもになく妙な特集だ。それはともかく、慌てて日本の民主党についての一般記事を読んでみた。 …more

  • 『同和と銀行』

    『同和と銀行』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    バブル期の大阪裏面史を描いているのだから、タイトルも表紙もおどろおどろしい。主人公は巨漢の元暴力団構成員である。当然のことながら、許永中や尾上縫、田中森一など「いつもの」バブル紳士達は登場するのだが、本書はそれだけで終わらない。むしろダークサ……more

  • 『一般論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    『一般論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月21日

    ○『雇用・利子および貨幣の一般理論』ケインズ …more

  • 『法の精神』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    『法の精神』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月20日

    ○『法の精神』モンテスキュー …more

  • 『資本論』 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』
  • 『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』 宣伝書評

    『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』 宣伝書評

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月19日

    長い書名の本の監修を引き受けた。『図解仕事力が身につく 必読の「古典」50冊』だ。B5版95ページ2色刷り本体1080円である。本書の作りは右ページに本文、左ページは図解だ。シルバーウィーク中に何点かの本文を掲載してみることにする。 …more

  • 『イルカ』

    『イルカ』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月17日

    15年ほど前の出来事以来、ボクは鯨やイルカを絶対に食べない。スキューバダイビングをしようと乗り合い船で伊豆下田沖にある神子元島に向かっているとき、イルカの大群に遭遇したのだ。ダイバー全員で海に飛び込んだ。タンクをつけている余裕はないので、素潜……more

  • 『森にすむヤマネの話』

    『森にすむヤマネの話』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月15日

    ヤマネとは齧歯目ヤマネに属する1属1種の小動物だ。体重は鶏卵の半分くらいしかなく、ネズミとは違い尻尾には毛が生えていて、背中には黒の一本縞があるのが特徴だそうだ。天然記念物だ。本書はそのヤマネを撮りつづけて30年になる自然写真家のエッセイであ……more

  • 『通勤電車でよむ詩集』

    『通勤電車でよむ詩集』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月14日

    高校の現代国語の授業で西脇順三郎という詩人を知った。「天気」という詩が教科書に載っていたのだ。いまにいたるまでの大きな影響を受けた。教室の片隅でそのとき一瞬にしてボクの心はギリシアの白き坂道の家の前に移動したのだ。詩はこうだ。 …more

  • 『ものつくり敗戦』

    『ものつくり敗戦』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月12日

    表紙が悪い。使っている写真は沈没した戦艦「伊勢」だそうだ。敗戦だから戦艦沈没だという脈絡が判らないし、歯車と組み合わせたデザインも最悪だ。タイトルも悪い。そもそもボクは「ものつくり」という言葉が嫌いだ。「ものつくり」とは工芸的・職人的な匂いが……more

  • 『水道が語る古代ローマ繁栄史』

    『水道が語る古代ローマ繁栄史』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月10日

    鹿島出版会は鹿島建設の関係会社だが、じつは非常に興味深い本を出版していることで好事家には知られていると思う。あえて好事家と書いたのは、書店では建築関係のコーナーに置かれていることが多いために、建築関係者以外の目に留まりにくいのだ。土木建築コー……more

  • 「週刊現代 9月19・26日号」掲載 『夏への扉 [新装版]』

    「週刊現代 9月19・26日号」掲載 『夏への扉 [新装版]』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月10日

    本書が発表されたのは、ソ連が人類初の人工衛星スプートニクの打ち上げに成功した1957年だ。この年、レーザーが発明され、IBMは科学技術用のフォートランを発売した。アメリカで日本からの輸入車第1号であるクラウンが発売された年でもある。 …more

  • 『声に出して笑える日本語』

    『声に出して笑える日本語』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月09日

    いうまでもなく、斉藤孝の『声に出して読みたい日本語』のもじりだ。だから、必ずしも「声に出して笑える日本語」が収録されているわけではない。むしろ、現代日本語論のようなものに仕上がっている。「のようなもの」としたのは、やはり大笑いできるところもあ……more

  • 『日本の珍地名』

    『日本の珍地名』

    成毛 眞 成毛 眞 2009年09月08日

    帯が本書のすべてをあらわしている。「平成の大合併で誕生した全国津々浦々の〈トンデモ地名〉を番付形式で一挙紹介」している。 …more

Page 164 of 175 162 163 164 165 166
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事