>> 正常に表示されない場合はこちらから

HONZの「今週はこれを読め!」

暑いです。栗下直也です。3連休は遠出していましたので、本日、HONZを久々に眺めたら、驚きました。

村上浩が昨日付のレビューで『エピジェネティクス』を取り上げていました。本日は土屋敦の『ねずみに支配された島』。「2冊とも以前、レビューを読んだ記憶がある」という読者もいたのではないでしょうか。私も、連休中、暑さに耐えられず、アルコールばかりを摂取していたせいか、ついに惚けたのかと思った程です。ただ、何回見ても『エピジェネティクス』と『ねずみに支配された島』でした。

ご存知の読者の方もいるかもしれませんが、HONZは面白い本は何度でもレビューを書いて良いことになっています。同じ本が何度も取り上げられても、誰かが何かをミスったわけでも惚けたわけでもないのです。

とはいえ、今回気になったのはレビュアー。村上浩と土屋敦。村上浩といえば、さわやかな外見からは想像がつきませんが、他のメンバーを罵倒し、他人を辱める語彙の豊富さでは右に並ぶ者がいない「HONZの団鬼六」。そんなドSな彼が手放しで絶賛するとは、恐るべし『エピジェネティクス』。一方の土屋敦はレビュアーを卒業して、ペペロンチーノにしか興味がなくなったと思っていました。そんな土屋が季節労働者も驚きの4カ月ぶりの登場。そんな土屋が既に他のメンバーが書いていてもレビューを書きたくなるとは、恐るべし『ねずみに支配された島』。騙されたと思って読んでみるのもありかと思いつつ、今週もメルマガスタートです。

最新記事

カカポ奇跡の復活! 『ねずみに支配された島』のもうひとつのメインストーリー

 ニュージーランド原産のオウムであるカカポは、体重は3〜4キロとオウムのなかでもっとも大きく、そして飛ばない。 哺乳類のいない世界で進化した彼らの敵は、上空から襲いかかる猛禽類だけだった。その攻撃を避けるためにカカポは夜間に活動し… more


 土屋 敦

『エピジェネティクス』 現象論を超えたサイエンスの面白さ

あちこちを飛び回って花粉や蜜を集める働きバチと、じっと巣の中で卵を生み続ける女王バチ。同じ両親から生まれていながらも、全く異なる生涯を過ごすこととなるハチたちの運命を分けたものは何なのか。遺伝だろうか、それとも、与えられる栄養や環境の違いが… more


 村上 浩

実録が現実を喰う!『映画の奈落』
北陸代理戦争の仁義なき場外戦

やくざ映画にドンパチはつきものである。だが、映画と全く同じシチュエーションで実際にモデルとなった組長が殺害されるーーそんなミステリーさながらの事件を引き起こした、前代未聞のやくざ映画があった。映画『北陸代理戦争』は、”北陸の帝王”と呼ばれた… more


 内藤 順

『日本のヴァイオリン王』激動の時代を駆けた名職人

明治から大正、昭和にかけての日本で、ヴァイオリンを広く普及させた1人の職人がいた。歴史の波に揉まれながら激動の時代を駆け抜けた彼の波乱万丈な人生に、日本の近代音楽史にも触れつつ迫っていく意欲的な評伝。 more


 峰尾 健一

『本は死なない』キンドル開発者、読書についてかく語りけり!

アマゾンが電子書籍読み放題サービスに参入するというニュースがある。これは月額9.99ドルの契約を交わすと、約60万タイトルの電子書籍が読み放題になるというサービスだ。日本ではいまひとつという印象が拭えない電子書籍だが、アメリカでは事情が異な… more


 鰐部 祥平

最もセクシーでクールな『ロボコン』

何ヶ月も続く緊張感とタイムリミットの重圧にもめげず、生徒たちが躍進する姿ほど心を打つものはない。宿題やテストなど上から押し付けられるものから解き放たれ、吸収したいものだけを全力で吸収し、間髪入れず実践に移せる喜びが彼らの身体中みなぎっている… more


 刀根 明日香

『辻静雄』を知っていますか? 新刊超速レビュー

グルメという言葉が根付いた頃、後に直木賞を受賞する海老沢泰久が書いた『美味礼賛』を読んだ。辻がなくなる少し前に出版されている。面白かった。フランス料理などろくに食べたこともなかったのに、本物のフランス料理を日本に持ち込んだ辻の人生は抜群に面… more


 仲野 徹

7月のこれから売る本-トーハン 吉村博光

若い頃は、正しさに近づきたいという想いが強く、何かを断定するような本が好きでした。でも年を重ね、より考えるようになったのは「正しさ」よりも目の前の「相手」のこと。最近、私が心を揺さぶられるのは、決まって、少し優しかったり曖昧だったりする本… more


 吉村 博光

今週のいただきもの(7月第3週)

最近友人から「1週間でマイナス10歳顔!」という、夢のような(たぶん夢だろう)顔ヨガを教わり、毎日朝晩せっせと励んでいます。このまま続ければ来月の朝会の頃には幼稚園児並み、もはや誰も私だと気づかないことでしょう。 more


 遠藤 陽子

PRえ!?あなたまだ青汁ですか?

青汁は、野菜不足を補うだけですが、ユーグレナには魚の持つDHAやEPAも。
59種類の栄養で、野菜・肉・魚の持つ栄養をバランスよく補います。
「緑汁」は今話題のユーグレナ配合!今ならお試し980円→more



今週の「読むカモ!」今週のレビュー予定です(変更されることもあります)


『ピア ネットワークの縁から未来をデザインする方法』 編集者の自腹ワンコイン広告

ピア: ネットワークの縁から未来をデザインする方法
作者:スティーブン ジョンソン
出版社:インターシフト
発売日:2014-07-10

近いほど遠い

先頃、こんな事件があった。ご近所に住んでいる仕事仲間の女性宅(マンション 1F)に、深夜、見知らぬ男が窓から入りこんだ。寝ていた当人が早めに気づいて大声を上げたため、男はあわてて出て行き、難を逃れたという・・・。すぐさ ま警察に連絡したところ、近辺で同じような届け出がすでにあったとのこと。我が家から歩いて10分もかからない距離なのに、こんな事件があったなんて初耳 だし、他の住民も同様だろう。

いまやネットで世界中の情報が入手できるというのに、いちばん身近な地域の情報が手に入らないのだ。なにも事件ばかりじゃない、評判のいい町医者、 出前をしてくれる店、子どもが事故に遭いやすい場所、地域のイベント情報、パソコンや家具などの修理が得意なひと、留守中のペットの世話人・・・。ご近所 でこんなことがわかればなあ、というのは山ほどある。

こうしたご近所情報がGoogleマップのような地図に、マッピングされていたらどれほど便利だろう。それだけじゃない、近くの空き地の利用法について住民同士が意見を出し合うとか、より創造的な活用もいろいろできそうだ。

じつは、こうした試みの一部はすでに始まっている。たとえば、サンフランシスコやワシントンDCなどの Open311 は、地域の公共的な問題について市と住民が情報を共有できるプラットフォームとなっている(下のMAP参照)。

また、ブラジルのポルトアレグレ市では、住民自身が市の予算の優先順位を決められる「参加型予算編成」を実現。この試みが注目され、いまや世界各地に広がりつつある。

親ガメこければ、子ガメもこける 

さて、話はここからだ。私たちの暮らしにいちばん身近なコミュニティが、いまや情報の空白地帯になっている。かつての「村」なら、ご近所のことなど 筒抜けだったのに。これは言うまでもなく、都市化、さらにはグローバリゼーションなどの影響だが、もっと根本的にはネットワークの問題でもある。次の図を 見て欲しい。

経済も都市も政治もメディアも、ネットワークの結節点にあるものが、ますます強く大きくなる(中央集権型)。二極化が進み、中間にある領域が空洞化していく。地域コミュニティ、社会の中間層、中小の企業・ブランド・拠点などなどの消滅・・・。

この中央集権型の弱点は、力が集まる結節点がダメになると、つながっている周りも一挙にダメになってしまうこと(階層的・親ガメに乗る子ガメの関 係)。組織・社会的にも、多様性・参加性が薄れ、閉塞してイノベーションも起こりにくくなる。また、軍事的にも要所がやられると総崩れというシステムはひ じょうに困る。そこで冷戦時代に考案されたのが、インターネットの元になった「ピア PEER」方式のネットワーク(分散的・フラットな関係)だった。

ピアで気持ちよくいこう!

「ピア」とは対等、仲間という意味。本書『ピア:ネットワークの縁から未来をデザインする方法』は、ピアつながりによって、世界を変えていこうという提案だ。著者はスティーブン・ジョンソン、ベストセラー連発のライターである。

本書はピアのよく知られている成功例として、ウィキペディア、 キックスターター 、ツイッター、フェイスブック、 Challenge.gov などを挙げている。また、ベトナムの村における栄養失調をピアの手法で解決したセーブ・ザ・チルドレンの話題も。

面白いのは、「ピアつながり」といっても、ネット系が中心になるわけではないことだ。ネットもリアルも含めて、ピア・ムーブメントをあらゆる分野で巻き起こそうというのである。

ピアなら、だれもが参加でき、対等な立場でモノゴトを進めていける。多様性・参加・平等が、モットーだ。そして、なによりピアは気持ちよく、楽し い。著者によれば、それはもともと私たちの古い共同体が、強い階層関係や権力に縛られていなかったから。そういえば、HONZってピアじゃないですか!

ピアな政治、ピアな企業、ピアなメディア、ピアな都市、ピアなイノベーション・・・そんな未来を本書はかいま見せてくれる。 

真柴隆弘  インターシフト編集部
ポピュラーサイエンス本を中心に編集プロデュースを行う。手掛けた近刊は『 美味しさの脳科学 』『 脳の中の時間旅行 』『 人間と動物の病気を一緒にみる 』。

送信専用メールアドレスから配信されています。
このメールにご返信いただいても内容の確認・回答はできません。
お問い合わせ、ご不明な点は info@honz.jpまでご連絡ください。配信解除はこちらからお願いいたします。

ノンフィクションはこれを読め!http://honz.jp/
Copyright © HONZ All Rights Reserved.