サイエンス

Page 36 of 38 34 35 36 37 38
  • 『液晶の歴史』

    『液晶の歴史』

    村上 浩 村上 浩 2011年08月22日

    本書の原題は『Soap, Science, and Flat-Screen Tvs: A History of Liquid Crystals 』であり、液晶科学の幅広さが伺える。著書の一人であるデイヴィッド・ダンマーは分子物理学、もう一人の……more

  • 『摩擦との闘い -家電の中の厳しき世界-』

    『摩擦との闘い -家電の中の厳しき世界-』

    村上 浩 村上 浩 2011年08月12日

    最近の家電は本当に安くなった。特に液晶テレビでその傾向が顕著であり、地デジ対応のためにテレビを買い替えに行って、その価格に驚かれた方も多いのではないだろうか。2011年8月6日付けの英国エコノミスト誌によると、EMS世界最大手のフォックスコン……more

  • 『躍進する新興国の科学技術 –次のサイエンス大国はどこか-』

    『躍進する新興国の科学技術 –次のサイエンス大国はどこか-』

    山本 尚毅 山本 尚毅 2011年08月04日

    「30年後の世界のパワーバランスを変えるのは、躍進する新興国の科学技術かもしれない!?」すでに背表紙には日本の未来へのあきらめモードが漂っている。30年も猶予が本当にあるのかどうかは本書の各国の科学技術研究及び大学への投資と実用化されているテ……more

  • 『ロボット創造学入門』

    『ロボット創造学入門』

    鈴木 葉月 鈴木 葉月 2011年08月01日

    日本はロボット大国である。実に世界の7割のロボットを生産し、その7割を自動車など生産組立現場で活用しているという。著者の広瀬氏はロボット開発の世界的権威であり、本書でも人道的地雷探知除去ロボットやヘビ型ロボットなど、独創的なロボットの開発秘話……more

  • 『身近な雑草の愉快な生きかた』

    『身近な雑草の愉快な生きかた』

    鈴木 葉月 鈴木 葉月 2011年07月27日

    耳タコの常套句「逆境の時代、だからこそ雑草魂で乗り切っていきます!」とは言うものの、雑草の生態を改めて顧みることなど、日常ではめったにない。しかし、ひとたび「名もなき草」の暮らしぶりを覗いてみると、そこではエゲツナイまでの適者生存競争が繰り広……more

  • 『パラダイムでたどる科学の歴史』

    『パラダイムでたどる科学の歴史』

    高村 和久 高村 和久 2011年07月05日

    パラダイムとは、「一定の期間、科学上の問い方と答え方のお手本を与えるような古典的な業績」という意味だ。例えば「天動説」や「ニュートン力学」などが該当する。満月はいつですか?という問いに、天動説に基づいた計算で答えていた時代があったのだ。通常の……more

  • 『どうすれば人を創れるか』 石黒浩

    『どうすれば人を創れるか』 石黒浩

    久保 洋介 久保 洋介 2011年06月07日

    世界の産業用ロボットの7割を日本製のロボットが占めている。海外から見れば、日本はロボットの国。政治家よりもロボットの方が認知度は高そうだ。そんな日本がつくるロボットの一つで、人間型ロボットが本書が取り扱うアンドロイド。商業化されれば私たちの生……more

  • 『地球環境・資源エネルギー論』

    『地球環境・資源エネルギー論』

    エネルギー問題に興味ある人は本書を手元においておいた方がいい。これ一冊さえもっていれば統計データを基にした全体像の把握ができ、その辺のエセ専門家に騙されない。この種の英語本は多いのだが、日本語版でこれほどまで整理されている本はあまり見たことが……more

  • 『かぜの科学』

    『かぜの科学』

    高村 和久 高村 和久 2011年04月06日

    きれいな装丁の本書。現題は「AH-CHOO!」だ。読み方がわからない。洒落気のある著者なのは間違いない。章のタイトルも 「風邪(コールド)の赤裸々(コールド)な真実」 ・ 「ひかぬが勝ち」 という勢いだ。 「ひかぬが勝ち」 は 「don't ……more

  • 〇は役に立つ 『球体のはなし』 柴田順二
  • 『かぜの科学』

    『かぜの科学』

    山本 尚毅 山本 尚毅 2011年04月04日

    根性論を思わせるかの一文であるが、個人的にはしっくりきているし、これが本書の結論なのではと考えている。僕は「風邪は感染しない」ということを長らく信じてきた(きっかけは姉の一言だった)し、本書を読んだとしても、未だにそれは覆らない。だって、かぜ……more

  • 『かぜの科学』 ジェニファー・アッカーマン 早川書房

    『かぜの科学』 ジェニファー・アッカーマン 早川書房

    栗下 直也 栗下 直也 2011年04月03日

    くしゃみによるウイルスの拡散の秒速だとかおもしろいデータは満載だが、読み進める内に、途方に暮れるかもしれない。風邪は神経質にならない限りひくし、普通感冒にこれといった治療方法はないのだというから。だが、そこが本書の醍醐味だ。風邪はこんなに身近……more

  • アボガドロ定数を決めたのはアボガドロじゃない!? 『元素検定』 桜井弘編著
  • 『かぜの科学』

    『かぜの科学』

    土屋 敦 土屋 敦 2011年04月01日

     (副作用を伴いつつ)症状を和らげる薬はあっても、風邪を治す薬は今のところない。昨年出た『代替医療のトリック』という本には、エキナセアというハーブに、ほぼ唯一、少し効果がある、というエビデンスが見いだせるとあったはずだが、本書ではより改良され……more

  • 『かぜの科学—もっとも身近な病の生態』

    『かぜの科学—もっとも身近な病の生態』

    鈴木 葉月 鈴木 葉月 2011年03月28日

    残念ながら、風邪の特効薬は今もって存在しない。風邪はウイルスによって引き起こされる。しかし、それはウイルスのスーパーグループであって、風邪の原因には少なくとも200種の異なるウイルスが関与する。その代表格、風邪全体の半数の原因とされるライノウ……more

Page 36 of 38 34 35 36 37 38
ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon Kindle

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』電子版にて発売中!

HONZ会員登録はこちら

人気記事