『恐竜はなぜ鳥に進化したのか』

成毛 眞2008年03月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恐竜はなぜ鳥に進化したのか―絶滅も進化も酸素濃度が決めた
作者:ピーター・D. ウォード
出版社:文藝春秋
発売日:2008-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

本書の副題は「絶滅も進化も酸素濃度が決めた」である。こちらを書名にしたほうが売れ行きが良かったと思う。

本書によれば、化石記録に動物が出現しはじめたカンブリア紀大爆発、9割の生物が死滅したペルム紀の大絶滅、ジュラ紀の恐竜跋扈、という地球規模の生物圏大変動はすべて酸素濃度の変化によって引き起こされたものらしい。

恐竜とおなじ呼吸システム、すなわち気嚢をもつ鳥類が8000メートルというヒマラヤを超えることができる理由がここにある。はるか太古、酸素濃度が低かった時代の記憶が鳥類の体に刻み込まれているのだ。

この酸素濃度の大変動は大陸が移動することで周期的に起こるらしい。すなわち陸地が一つの超大陸に再編されたときに酸素濃度は低下する。いまから2億5千万年先に起こる必然だ。

そのとき、わが子孫はどうなっているのだろう。鳥類の遺伝子を組み込んでペガサスのようになって生き残っているのだろうか-じつはペガサスは羽の生えた馬なんだけどね。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら