『バチカン・エクソシスト』

成毛 眞2008年12月15日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バチカン・エクソシスト
作者:トレイシー ウイルキンソン
出版社:文藝春秋
発売日:2007-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

エクソシストとは悪魔祓い師のことだ。そのエクソシストが現代イタリアに350人もいるらしい。この信じられない事実をロスアンジェルス・タイムズの記者が丹念に取材したのが本書である。

本書によればエクソシストたちは10年ほど前からその数を10倍にも増やしているらしい。ローマのエクソシスト長と呼ばれる人物が10年ほど前に国際エクソシスト協会を発足させたことに端を発している。しかし、実際には映画「エクソシスト」の大ヒットと教皇ヨハネ・パウロ2世がサタンという名前をよく使い、しかも悪魔祓いに好意的だったことがそもそもの原因らしいのだ。本書では明示されていないが、アメリカにおけるキリスト教原理主義の台頭にカソリック側が対応したとも考えられる。

エクソシストたちは映画のままに悪魔に憑依された人物に接する。そして、悪魔の憑依された人物はときには口から電池やねじなどの異物を出すこともあるという。エクソシストを頼るのは田舎の主婦や都市に住むダンス教師だけではない。科学者であるはずの医師ですらもエクソシストを頼る。

いっぽう、イタリアでは悪魔カルトというグループが増加している。2005年には〈サタンの獣〉というグループが摘発されたのだが、彼らは3人の友人を拷問して殺したとされる。イタリアのある種の閉塞感が生んだ現象であろうが、日本人のほとんどはそんなことは全く知らずに世界遺産番組をため息まじりにみては、イタリアに憧れ続ける。

日本人にとっての救いは訳者解題で、日本には公式なエクソシストは存在していないと説明されていることだ。このなかで、日本には神と悪の2項対立という概念がないことが原因ではないかと匿名のキリスト者は語っている。

多くの日本人にとっては天照大神も、キリストも、アラーも、お釈迦様も神だという印象が強いだろう。もし道路に十字架とコーランが落ちていたらそれを踏みつける人は少ない。バチがあたるという概念があるからだ。つまり、日本は八百万神原理主義者の多い国なのだ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら