『アルプスを越えろ! 激走100マイル』新刊超速レビュー

仲野 徹2013年03月22日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルプスを越えろ!  激走100マイル―― 世界一過酷なトレイルラン
作者:鏑木 毅
出版社:新潮社
発売日:2013-03-18
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ツール・ド・モンブランという、山好きにはよく知られたトレッキングルートがある。シャモニーからシャモニーまで、約100マイル(168キロ)、累積標高差9400メートルという、いささか厳しいが、すばらしい景色のコースである。通常なら一週間ほどかけて一周するルートであるが、なんと、それを一気に駆け抜ける『ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(UTMB)』という、聞いただけで恐ろしい競技がある。

その競技に命を懸ける男、鏑木毅の本だ。箱根駅伝をめざして早稲田大学競争部にはいった鏑木であるが、故障のため断念。群馬県庁の公務員としてふたたび走りはじめ、『山のマラソン』にのめり込んでいく。そして、公務員をやめ、プロのランナーとして最後に到達したのがUTMBだ。

UTMBとなると、スケールが大きすぎて、その過酷さすらピンとこない。が、富士登山競争における鏑木の記録を見れば、その速さが実感できる。富士浅間神社から吉田口登山道を登る高低差約3000メートル、21キロのレースで、鏑木は三回優勝している。最高タイムは2時間47分57秒。超人である。

鏑木によると、ただひたすらに走るランニングと、トレイルランは根本的に違うという。トレイルランではルートのいろいろな変化によって体全体の使い方を変えていくことが重要で、決して若さが有利ということにはならないという。実際、鏑木が尊敬するイタリア人選手、マルコ・オルモは、58歳、59歳でUTMB連覇したというのだから恐れ入る。鏑木は現在44歳。もちろん現役のトップランナーだ。

“神秘的な大地を行く壮大な旅-7つの谷、71の氷河、400の山頂-モンブラン山峰があなたを魅了する” というキャッチフレーズのUTMB。景色はいいかもしれないが、『過酷』という言葉がいくらあってもたりないくらい壮絶なコースである。2009年、鏑木はそのコースを22時間台で駆け抜け、3位に入賞する。

ただ走るだけの人ではない。『自然を大舞台にして展開する100マイルレースには、人を感動させる何かが、そして人生を変える何かがあります』という鏑木は、日本でも100マイルレースをと考え、数々の困難を乗り越えて『ウルトラトレイル・マウントフジ』を成功させる。UTMBで鍛えた精神には不可能などないとでもいうかのように。

2011年のUTMBは、アキレス腱に故障をかかえた鏑木にとって、壮絶なものであった。体力は限界を超え、死んでしまうかもしれないという思いが頭をよぎる。そして、自らを傷つければ楽になるかもしれないとまで思い詰める。

"あの先の崖から飛び降りて、大けがでもすれば、仕方ないと思ってくれるだろう"

しかし、そのときに鏑木を助けたのは

"カブラキツヨシたれ"

という思いであった。そして9位にはいる。かっこよすぎる…

決して強い人間ではないという鏑木。そして多くの挫折を乗り越えてきたその鏑木が『奇跡はおこるものです』と書くと、究極までがんばると、ほんとうに奇跡はおこるものなのかと思えてしまう。

人間というのは、ほんとうにすごい生き物だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら