『中原昌也 作業日誌2004→2007』

栗下 直也2011年02月01日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中原昌也 作業日誌 2004→2007
作者:中原 昌也
出版社:boid
発売日:2008-03-27
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

学がある人は永井荷風あたりの日記を読むんだろうが、私はこれ。著者は暴力温泉芸者のユニット名で活動するミュージシャンであり、作家で(一応、三島賞作家。芥川賞も候補になったことがあるが選考委員に完全に無視されるという放置プレイを喰らう)、映画評論も手がける。

作業日誌とあるが、音楽や小説の創作活動に対する前向きな姿勢は一切出てこない。ひたすら、聞いたこともないような、よくわからんミュージシャンのCDやレコードを買い込み、映画をみて、酒を飲み、寝て、起きては、またレコードを買いに行く。そんな日々がひたすらつづられている。

日記を読む限り、いつ働いているのかもよくわからないが、実際、金はいつもない。携帯電話どころか家の電気も止められる。それもかなりの頻度で。ライフラインは編集者やら友人。よくおごってもらっており人望はあるんだろうが、大概、毎日の日記の最後には、鬱だとか、もう小説を書きたくないだの、おきまりの泣き言を連発する。

正直、どうしようもない内容なんだが、救いのなさからか、読み続けているとなぜか泣けてくる。作家の高橋源一郎は「一見ただの日記だが最高の読み物」という指摘を確かしていたが、納得だ。著者の小説も読んだことがあるが、私には合わず、10数ページで断念した過去があるが、この日記は400ページ以上あったものの苦もなく読めた。最近は文壇に嫌気がさしたのか、文筆活動がほとんどないのが残念だ。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

HONZ会員登録はこちら