11月の今月読む本 その1

東 えりか2013年11月13日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日で急激に寒くなり、各地から初雪の知らせが届いている。朝5時起きのHONZ朝会にはもう慣れたけど、やはり暗くて寒いなかを出かけるのは億劫だ。しかし、今日ばかりはそうは言っていられない。『ノンフィクションはこれを読め!2013』発売及び重版記念の公開朝会である。その上ゲストがすごい。ライフネット生命保険 代表取締役会長兼CEOの出口治明さんをお迎えした。どんな本をお持ちになるか、メンバー全員興味津々。

公開朝会の場所はHONZの聖地、六本木ミッドタウン内にあるスルガ銀行のD-Labo。ここにはHONZで紹介された本がたくさん置かれてある通称HONZ棚が設置されている。募集期間が少なくて、お客さんが集まるか心配していた編集長の土屋であったが、すぐに満員になり一安心。今回はメンバーを周りじゅうから取り囲む形で始まった。

まずは『ノンこれ!2013』の編集者、中央公論新社の渡辺幸博さんからご挨拶。昨年、「こんな本が売れんのかよ」という逆風のなかで始まった単行本が今年もまた重版になり、本当によかったとひとこと。

さすがに今回は参加者が多く、欠席は富山の野坂美帆ひとり。愛知の鰐部も大阪の仲野も朝会だけのために上京した。どれだけみんな本が好きなんだろう。お客さんも続々来場し、いつもの朝会が始まった。

最初は先に退席しなければならない人から始めるので、今日は鈴木葉月から。順番によっては本がカブってしまって手持ちが無くなる危険があるので、どっちまわりにするか鈴木の両隣、内藤と村上がじゃんけんし内藤勝利!私は最後の方になってしまい、胸がドキドキし始める。

鈴木葉月

ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む―4万5千キロを競ったふたりの女性記者
作者:マシュー グッドマン
出版社:柏書房
発売日:2013-10
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

予感的中。一発目からカブってしまった…… 19世紀、ジュール・ヴェルヌの小説を現実のものにしたふたりの女性記者がいた。翻訳が金原瑞人さんなので読みやすさは保証付き。

兵隊を持ったアブラムシ
作者:青木 重幸
出版社:丸善出版
発売日:2013-10-31
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

かつてあった「どうぶつ社」という出版社には良書がたくさんあった。本書もその1冊で20年ぶりぐらいに再販されたもの。講談社出版文化賞第一回科学出版賞受賞作。

兵器と戦術の世界史 (中公文庫)
作者:金子 常規
出版社:中央公論新社
発売日:2013-10-23
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

これも単行本からしばらく経っての文庫化。古代からの陸上戦の勝敗を分析する。

内藤順

Before They Pass Away

Before They Pass Away

  • 作者: Jimmy Nelson
  • 出版社: Te Neues Pub Group
  • 発売日: 2013/10/15

いきなりの大判写真集である。世界中の滅びゆく民族を撮り続けた写真集。しかし、よくこんなの持ってきたよなあ、と全員が呆れる。内容はすばらしいんですよ、ほんと。

そして最後にヒトが残った―ネアンデルタール人と私たちの50万年史
作者:クライブ・フィンレイソン
出版社:白揚社
発売日:2013-11-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ネアンデルタール人は約30万年間、世界に君臨したという。その理由は何故かを解き明かしたもの。

人類はどこから来て,どこへ行くのか
作者:エドワード・O. ウィルソン
出版社:化学同人
発売日:2013-10-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

賛否両論の一作。解説も反対の論を張っている部分があるという。

山本尚毅

世界農業遺産──注目される日本の里地里山(祥伝社新書)
作者:武内和彦
出版社:祥伝社
発売日:2013-11-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

日本の農業がFAO(国連食糧農業機関)で認められて保護されようとしている。里山文化を残そうとする人々。

プレ・デザインの思想 (TOTO建築叢書)
作者:小野田 泰明
出版社:TOTO出版
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

建築家が設計する前に、企画を立てること。これによって多くの視点から計画を見ることが出来る。

1ページあたりの金額が一番高い本。子どもを産めない人の代わりに産んでもらうことが産業となっている。

栗下直也

むしくいノート びっくり!たのしい!おいしい!昆虫食のせかい
作者:ムシモアゼルギリコ
出版社:カンゼン
発売日:2013-11-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

数日前、FBで書店勤務の野坂美帆が「こんな本が入ってきた~、誰が買うんだろう」とつぶやいているのを読みながら「俺は買ったんだよ」と言っていたそうな。昆虫食の本で、麻木が取り上げてページをめくり、かわいい悲鳴を上げていた。

うな丼の未来 ウナギの持続的利用は可能か
作者:塚本勝巳
出版社:青土社
発売日:2013-10-24
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「この本、難しいんだよね」とワタシ。仕事がらみで読んでいたのだが、そこに土屋と仲野も参戦。シンポジウムをまとめたものなのでちょっと学術的。栗下、まったく口を挟む余地なし。

夢想するサッカー狂の書斎 ぼくの採点表から
作者:佐山一郎
出版社:カンゼン
発売日:2013-09-20
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

「ちゃんと書評を勉強しようかと思って…」と殊勝な栗下。帯の「本が読まれないのは、書評がつまらないからだ」を肝に銘じよう。

新井文月

キュレーション  「現代アート」をつくったキュレーターたち
作者:ハンス・ウルリッヒ・オブリスト
出版社:フィルムアート社
発売日:2013-08-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

様々な場所で使われるようになった「キュレーション」という言葉だが、本書は本来の美術分野の仕事。現代アートのシステムについて。

武士道: いま人は何を考え、どう生きればいいのか (単行本)
作者:新渡戸 稲造
出版社:三笠書房
発売日:2013-09-12
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

へっ?新渡戸稲造の?とみんなの顔がハテナマークになったが、三笠書房から出た新刊。一度はちゃんと読もうと思ったんだそうだ。いい心がけですね。

VOW番外編 世界の国からクールジャパン
作者:ナポリタン 石田
出版社:宝島社
発売日:2013-11-08
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

バウの番外編。海外で見る変な日本語総決算。

高村和久

野生のオーケストラが聴こえる―― サウンドスケープ生態学と音楽の起源
作者:バーニー・クラウス
出版社:みすず書房
発売日:2013-10-19
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

サウンドスケープ生態学。生物群が奏でる音響は相互作用している、という理論。

ニュルンベルク裁判の通訳
作者:フランチェスカ・ガイバ
出版社:みすず書房
発売日:2013-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

世界で初めて同時通訳が行われたのは、ニュレンベルク裁判だったそうだ。通訳のしくみ、通訳者の履歴、通訳史における意義などを詳しく論している。

ジョン・F・ケネディ ホワイトハウスの決断  ケネディ・テープ 50年後明かされた真実
作者:テッド・ウィドマー
出版社:世界文化社
発売日:2013-10-26
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

キャロライン・ケネディの日本着任を記念し、また没後50周年のため、たくさんのケネディ本が出ている。本書は電話の会話を全部録音してたものを公開。

刀根明日香

ものを創る (新潮文庫)
作者:白洲 正子
出版社:新潮社
発売日:2013-10-28
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

新渡戸稲造に続いて白洲正子?と思ったが、大学生じゃ知らなくても仕方がない。これを機会に白洲さんの文章をたくさん読んでくれたらいいな。

柳瀬博一

今回特別参加の日経BPの編集者さん。いつも面白い本をありがとうございます。

みんなの空想地図
作者:今和泉 隆行
出版社:白水社
発売日:2013-11-02
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

タモリクラブでも紹介された、全く架空の地名の地図を精巧につくったもの。「ああ~っ」という悲鳴があちらこちらから。特に本の数が少ない成毛は苦虫をかみつぶしたようだ。

「流域地図」の作り方: 川から地球を考える (ちくまプリマー新書)
作者:岸 由二
出版社:筑摩書房
発売日:2013-11-05
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

地形は川が作り上げたものだ。流域の歴史さえ分かれば災害も防げる。地図は流域から作ろう。

ミツバチの会議: なぜ常に最良の意思決定ができるのか
作者:トーマス・D. シーリー
出版社:築地書館
発売日:2013-10-14
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ミツバチの頭の良さは古くから言われているが、集団で行動するような、例えば分蜂などはみんなで話し合ってきめているのだそうだ。成毛が悔しがって全部説明してくれた。

鰐部祥平

英国二重スパイ・システム - ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦
作者:ベン・マッキンタイアー
出版社:中央公論新社
発売日:2013-10-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

夜行バスで久々の参加。この本、私は今朝出がけに、誰かとダブりそうだと思って置いてきた本。よかったなあ。近々鰐部のレビューが出ます。お楽しみに。

F‐16―エース・パイロット 戦いの実録
作者:ダン ハンプトン
出版社:柏書房
発売日:2013-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

戦闘機パイロットだったアメリカ空軍中佐の体験談。

奴隷にされたソフィー -見知らぬ国の路上で売られたある女性の物語
作者:ソフィー・ヘイズ
出版社:ティー・オーエンタテインメント
発売日:2013-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

イギリス人女性がイタリア旅行中、突然売られて売春婦にさせられてしまった。衝撃の告白記。

田中大輔

子ども電話相談室のように様々は子供からの質問に第1級の学者たちが答えている。ドーキンス、チョムスキー、デヴィッド・アッテンボローなどなどが納得の回答を寄せている。

善き書店員
作者:木村俊介
出版社:ミシマ社
発売日:2013-11-13
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

田中の先輩もここに取り上げられているそうだ。善き書店員を日々目指しているらしい。

雑誌の人格
作者:能町 みね子
出版社:文化出版局
発売日:2013-11-01
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

よく読む雑誌によって人種が決まってくる。その法則を見つける。

仲野徹

自閉症遺伝子 - 見つからない遺伝子をめぐって
作者:ベルトラン・ジョルダン
出版社:中央公論新社
発売日:2013-10-09
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

ベンチャービジネスで自閉症の遺伝子を見つけるキットが販売されたが、やはりなかなか難しいらしい。大学を休んで朝会に参加。すばらしいです、センセ。

パン語辞典: パンにまつわることばをイラストと豆知識でおいしく読み解く
作者:ぱんとたまねぎ
出版社:誠文堂新光社
発売日:2013-10-15
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

パンが好きすぎて、周辺の言葉の事典を作ってしまった、という話。イラストも可愛くていい。

天才と異才の日本科学史: 開国からノーベル賞まで、150年の軌跡
作者:後藤 秀機
出版社:ミネルヴァ書房
発売日:2013-09-30
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

思わずダブった!と声を上げたのが4人。今月一番のカブり本だ。成毛もイチオシで持ってきていた。人物からよむ近現代日本科学史。小ネタがすごく面白くて、読むのが止められなくなるそうだ。

出口治明

さて「11月の今月読む本 その1」の殿を務めていただくのは出口治明さん。みんなのバトルに唖然とされている。

絶倫の人: 小説H・G・ウェルズ
作者:デイヴィッド ロッジ
出版社:白水社
発売日:2013-09-25
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

厚さは8センチくらいありそうな二段組みの本。ウェルズの生涯を丁寧に探っていく。

ウラからのぞけばオモテが見える (佐藤オオキ/nendo・10の思考法と行動術)
作者:佐藤オオキ
出版社:日経BP社
発売日:2013-10-17
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

デザイン集団nendoを率いる佐藤ナオキ。その行動哲学を明かす。

支那論 (文春学藝ライブラリー)
作者:内藤 湖南
出版社:文藝春秋
発売日:2013-10-16
  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

文春文庫の新しいラインナップは古典的名作の再出版。昨今の中国との関係の難しさから、もう一度基礎から読みなおそうと思ったのだそうだ。

あまりに長くなるのでその1はここまで。あと半分、朝会は続きます。お楽しみに。

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら