『ヤクザと原発 福島第一潜入記』 新刊ちょい読み

東 えりか2011年12月20日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクザと原発福島第一潜入記
作者:鈴木 智彦
出版社:文藝春秋
発売日:2011-12-15
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • 丸善&ジュンク堂

きっとすぐに誰かきちんとしたレビューを書くと思うが、その前に露払いを勤めさせてもらう。著者の鈴木智彦はヤクザ専門のライターで、こんな本こんな本、そしてHONZ代表・成毛眞絶賛のこんな本も書いている。

そんなヤクザの専門家がなぜ福島第一原発へ潜入しなければならなかったのか。やはりそこにもヤクザの存在が絡んでいた。

暴排条例は地方公共団体が行う条例で、各県で温度差がある。西高東低で、関西や九州での締め付けはきついが、東北ではまだまだ共存している。

そこに今回の原発事故である。究極のヨゴレ仕事は、いいシノギになるのか…それを自分の目でみようと、体調を整え保険に入り、身辺整理をして、勇躍単身乗り込む。彼が見たものは何だったか。

後は明日のお楽しみ♪

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら