『毒々生物の奇妙な進化』"悪魔の生物兵器"が見せる深遠な生物進化史

成毛 眞2017年03月10日 印刷向け表示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毒々生物の奇妙な進化
作者:クリスティー ウィルコックス 翻訳:垂水 雄二
出版社:文藝春秋
発売日:2017-02-16
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

マレーシアで金正男が暗殺された。VXという毒物が使われたと報じられている。この物質は人類がつくりだした化合物でもっとも毒性が高いと言われている。

その半数致死量は体重1キログラムあたり0.02ミリグラム。つまり1000分の2グラムもあれば、ひと一人を殺すことができる恐怖の化学兵器である。しかし、その1万倍も強力な毒物がある。

その毒とはボツリヌストキシンやテトロドトキシンなど生物がつくりだす毒だという。ボツリヌストキシンは100億分の6グラムもあれば人間をひとり殺すことができる悪魔の生物兵器だ。

本書はその毒をつくりだす生物を専門に研究している女性研究者による科学読み物だ。

たとえば、地球上でもっとも痛い毒をもつ生物はアマゾンに住むサシハリアリだという。何人もの研究者が自分に刺してみて、その恐怖を語っている。あまりの痛みに斧があれば、自分の手を切り落としたくなるほどだそうだ。しかし、命には別状はないのだという。この毒は相手を攻撃するためではなく、自分を防御するためのものだからだ。

スキューバダイビングの講習では小さくて可愛らしいヒョウモンダコは特に危険な有毒生物だと教えられる。手に触れると数分で死ぬことになるからだ。かれらはテトロドトキシンを持つのだ。フグもこの毒を持っている。では、なぜ彼らは死なず、人間には猛毒なのだろうか。本書では神経と細胞のメカニズムからそれを丁寧に解説する。

他にも人間には無害だが、ゴキブリをマインドコントロールするという奇妙な毒や、刺されると傷口だけでなく粘膜からも出血が止まらなくなり死に至ることもある毒など、生物進化の深遠さを毒から垣間見ることができる良書だ。

ともあれ、生物化学兵器を利用して兄弟殺しをする人間こそ最悪の毒々生物であることは間違いない。

※週刊新潮から転載 

記事へのコメント コメントする »

会員登録いただくと、記事へのコメントを投稿できます。
Twitter、Facebookにも同時に投稿できます。

※ 2014年3月26日以前にHONZ会員へご登録いただいた方も、パスワード登録などがお済みでない方は会員登録(再登録)をお願いします。

コメントの投稿

コメントの書き込みは、会員登録ログインをされてからご利用ください。

» ユーザー名を途中で変更された方へ
 変更後のユーザー名を反映させたい場合は、再度、ログインをお願いします。

ノンフィクションはこれを読め!  2014 - HONZが選んだ100冊
作者:
出版社:中央公論新社
発売日:2014-10-24
  • Amazon
  • Amazon Kindle
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • HonyzClub

電子版も発売!『ノンフィクションはこれを読め! 2014』

HONZ会員登録はこちら